みなと猫の会 ~こぴっと猫だより~ ホーム » TNR »門脈シャントの可能性

門脈シャントの可能性  

正確には
門脈体循環シャント(もんみゃく たいじゅんかん シャント)
というらしい。



犬ではちょこちょこあるが、猫では珍しい病気。

大雑把に言えば
肝臓へ送られ解毒されるはずの血液が
血管の異常があるため肝臓へ送られず
アンモニア等、体に有害な物質が
分解されることなく全身に回ってしまう。




未去勢で捨てられ、野良猫となった猫

その猫のTNRをしようと捕獲した際、
ちょっと足がぷるぷるしてた?

と思ったので
念のため受付の時に伝えた。



帰ろうと走り出してすぐ病院から電話があり、
手術できないと言われ病院に戻って
触れる猫なので診察をお願いした。



血液検査でアンモニアの数値が高く
門脈シャントの可能性を告げられた。


チャシロ検査480


チャシロ検査2-480










門脈シャントであったら、
完治には手術が必要だが簡単ではなく
大学病院や医療センターなどで手術可能かどうか?

可能であっても高額な治療費が必要となる。



色々調べてみると、
手術は状態によって二度三度に分けて
行わないといけない場合もあり
車が買えるくらいの金額になることもあるとか。




う~ん…そこまでは自費では無理




後天性であったり血管の位置によっては
手術自体が不可能な場合もあり、
その時は内科的な対症療法で
一生投薬が必要になる。




病院でも気遣ってくださってか

飼い猫ならともかく、
TNRでたまたま捕まえた猫に
そこまではしなくてもいいんじゃないか

と言われた。





病気になったから捨てられたのかな?
IMG_8109.jpg


そんな人間は動物を飼わなきゃいいのに

捨てる奴って治療どころか、たいてい避妊去勢もしていない。
猫にお金をかける気がないから
平気で捨てることもするんだろう。

二度と飼うな!と言いたい。







この子をどうしたらいいのか…





〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇


猫虐待犯に厳罰を!
10万筆の署名を裁判所に!!


週刊女性にも掲載されました!
img_5237645c101375d2a933a8fd4bcc732d2021125-300.jpg


大矢誠容疑者に懲役刑を求める署名


動物虐待は重犯罪です!

動物虐待を「他の暴力的傾向を示唆する危険信号」として刑罰を重くする事を求める署名


<記事 ちび太郎>


にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村





★なごやかキャットサポーターをご存知ですか?
 野良猫を減らしたいと思っている名古屋市民の皆様が
 市から助成を受けて取り組める制度があります。
 名古屋市が行っている「なごやかキャットサポーター」を活用しませんか。
 まずは当ブログ内の「なごやかキャットサポーター」の記事を
 ご覧ください。

category: TNR

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://minatoneko2014.blog.fc2.com/tb.php/796-b2dce0c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Instagram

カレンダー

カテゴリ

カテゴリ2

メールフォーム

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

▲ Pagetop