みなと猫の会 ~こぴっと猫だより~ ホーム » TNR »手術できなかった猫 その後

手術できなかった猫 その後  

オスが多かったけど5~6匹いたはずの場所。
すぐ近くに民家はない。


4月末、TNRのため捕獲に行った時
いたはずの猫は1匹も見当たらなかった。


それまでは、聞く耳持たないオヤジが
餌をあげていたのは知っている。


この場所まで手が回らず
しばらく見に行っていなかったのだが、
その日そこで、1匹だけぽつんと
見たことない猫がいた。


餌をもらえていなかったのか?

結構痩せていたが、メスだし
捕獲して病院へ向かった。


不思議な毛色の少し長毛 サビ?だよね?
IMG_5479.jpg




どうかな~?と思い事前に先生に
痩せてるけど手術可能か相談し、
少し様子を見てもらって
手術するかしないか、判断はお任せします

ということで預け

IMG_5488_20170723075018376.jpg

と、そのまま戻って来た (-_-;)


その後です。




太らせたら手術できるよね


とりあえずそのまま家に置き
ごはんをあげていたのだが…

ごはんを食べてもなかなか太らない。



ある日見ていたらドライフードを食べる時
お口が痛そうな仕草。

口内炎なんだね






しばらく様子を見ていて、
手術するにしても術前の血液検査しないと
この子は何だか怖い気がした。




威嚇が激しい野良猫の術前血液検査は
採血が難しいためできない。

採血するには麻酔をかけてから、
ということになる。


この子は麻酔をかけること自体が
危ない可能性があるため、
麻酔をかけずに保定して採血できるくらいに
触れるようになってから と思っていた。






餌ももらえるかわからない
私が毎日餌やりに通うには遠い
港区でもあちこちで虐待があったとの話も聞く
みんないなくなった場所


手術できたところで戻せないだろう

という予感は捕獲した時から密かにあった (*_ _)




シャーシャー言ってぺしっと手も出ていたが、
それほど迫力はない。
馴れてくれたら里親さんを探せるかもしれない。






ちょっとずつ馴れてきて
IMG_6647.jpg


シャーはまだ時々出るけど ゴロゴロ言うようになり
IMG_6656.jpg




少し触れるようになってきて
あごの下を触ってみると、
リンパ節がパンパンに腫れている。





先週、ネットに入れて病院へ行ってきた。


捕獲してから2ヶ月半以上経過している。

エイズ白血病の潜伏期間は十分過ぎたし、
正確な結果が出るだろうから
採血ついでにエイズ白血病検査もした。



口内炎もあるし猫エイズ陽性かとも思ったが

IMG_6624.jpg

エイズ白血病はどちらも陰性





腎臓は問題なし
肝臓の数値は高かった

IMG_6625_2017072307331968d.jpg




血球の詳細は別の用紙でもらった。

機械が新しくなったらしく
血液検査の値段が上がっていたけど (T_T)

IMG_6629.jpg



極度の貧血
鉄欠乏性貧血の可能性が高いとのこと。

元気がないから威嚇に迫力なかったのかも
馴れてきてよかった (^^;)



拡大
IMG_6626.jpg



異常値のもの (青‐低値 赤‐高値)

RBC ‐ 赤血球数
HCT ‐ ヘマトクリット値
HGB ‐ ヘモグロビン濃度
MCV ‐ 赤血球1個の大きさ

MCH ‐ ヘモグロビン量(赤血球1個あたり)
RDW ‐ 赤血球容積分布幅 (赤血球の大きさのばらつき)
WBC ‐ 白血球数
NEU ‐ 好中球
 BAND ‐ 桿状核好中球 (重度な菌の感染の可能性)
MONO ‐ 単球 
BASO ‐ 好塩基球


※WBC以下は参考程度にということでした

~~~


口内炎で慢性的な炎症があるので
白血球の数値が高いのは仕方ない。



問題は

HCT ‐ ヘマトクリット値(赤血球容積比) 11%
もう少し高い可能性はあるらしいが…

この機械のHCTの基準値は30.3~52.3%



これじゃあ手術できないね (>_<)




この数値、以前飼っていた犬 セーラが
免疫介在性溶血性貧血になった時のことが
思い浮かぶ。


この子は溶血はないようだし、治るよね?






貧血を改善するため処方されたのは

液状サプリメントと 錠剤は口内炎のための抗生剤
IMG_6634.jpg


1回1mlを1日2回
ペットチニックを1瓶飲ませ終わったら再検査


IMG_6637.jpg




味見してみたら
苦味はなくてほんのり甘い濃いエキスって感じ?
見た目は少しトロッとしたこげ茶色の液体。

IMG_6696.jpg

パウチに混ぜても気にせず完食 (*´▽`*)




15%以下で輸血対象と言われるHCT
これで貧血が改善されればいいけど。


結果は数週間後。






〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇


8月27日(日)
刈谷市産業振興センターにて
地域猫セミナーが開催されます!

セミナー


<記事 ちび太郎>


にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村





★なごやかキャットサポーターをご存知ですか?
 野良猫を減らしたいと思っている名古屋市民の皆様が
 市から助成を受けて取り組める制度があります。
 名古屋市が行っている「なごやかキャットサポーター」を活用しませんか。
 まずは当ブログ内の「なごやかキャットサポーター」の記事を
 ご覧ください。

category: TNR

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://minatoneko2014.blog.fc2.com/tb.php/758-2b12eefe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Instagram

カレンダー

カテゴリ

カテゴリ2

メールフォーム

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

▲ Pagetop