みなと猫の会 ~こぴっと猫だより~ ホーム » 日々の記録 »第2回 猫シンポジウム@練馬に参加して

第2回 猫シンポジウム@練馬に参加して  

かなりさかのぼってしまいますが(´;ω;`)

2月11日(日)、NPO法人ねりまねこさん主催の
第2回 猫シンポジウム@練馬へ勉強しに行ってきました。

KIMG4335_512.jpg


 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

第一部 講演「最前線の現場から」
     
    開演  ご挨拶:NPO法人ねりまねこ 理事長 亀山知弘
    講演  1 大阪ねこの会 代表 荒井 りか氏
         2 NPOねこけん 代表 溝上奈緖子氏
         3 元・練馬区保健所職員 石森 信雄氏

第二部 ディスカッション「どうする!? 猫問題 課題と解決策を探る」

パネリスト 荒井りか氏、 溝上奈緖子氏、 石森信雄氏、亀山知弘氏
コーディネーター 亀山嘉代氏


【議題】

1. 飼い主のいない猫対策(地域猫、TNR,行政との連携、餌やり問題)

2.保護・譲渡

3.高齢者と猫

4.多頭飼育崩壊



 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


しかし、いざ終わってみて自分が
感想を書き残そうとすると
時間だけが過ぎていく日々(´・_・`)



私が日々何も言葉を残すことのできない間に
ねりまねこさんは今回のレポをその後細かくアップしてくださっています。
(もうすでにお読みになっている方も大勢いらっしゃると思いますが)

↓  ↓  ↓  ↓

猫ボラの底力!ありがとうございました。
公園の猫を救う(大阪)
猫ボラを組織化する(大阪)
殺処分ゼロの先、野良猫をゼロにする(ねこけん)
ケンカしない、保護しない(練馬区)
アンケートの結果、練馬多し!


このシンポジウムは参加者の半分以上が
実際に何らかの猫活動をしていらっしゃる方だったようですが
多くの人が
講演の内容やディスカッションに
共感したり、
自分の気持ちを後押しされたり、
活動のヒントを得たりしたことと思います。

活動していない方にも
これからの飼い主のいない猫との関わり方、
活動への指針になったことと思います。


そして、
思いを言葉にし、声に出し、文章に残すことがいかに大切か、
人へ思いを伝えるのに、
どう伝えるか、
思いを共有した人同士で
外にいる猫たちの環境を変えていく=人が住む環境を変えていく
変えていく力になるのは言葉なんだと
改めて思いました。




ねりまねこさんもねこけんさんも
練馬区が公募した地域猫推進ボランティアに応募して
活動をし始めた一団体。

大阪の荒井りかさんも
本来犬派だったけど
中之島公園の飼い主のいない猫たちをなんとかしなくてはという思いから
活動を少しずつ始めたとか。



ねりまねこさんはそこを強調していたように思う。
何か大それたことをし始めようと思ってし始めたんではない。
一ボランティアとして活動し始めたにすぎないんだよ、と。


それと


「ねこけん」の意味は何だろう?
と思っていたのが
今回、ねこけん溝上さんのお話ですぐに出てきて
やはりそういう問い合わせが多いんだ、と少し笑ってしまいました。
「猫の生きる権利」の略称で「ねこけん」だそうです。

溝上さんはテレビ出演なども多いので
テレビで拝見したことがありましたが
まんま、ざっくり、カッコイイお姉さんでした!
当然年下ですが
「アネキ!」ってついていきたくなる方ですよね。

でも、それくらい覚悟をもって
この活動をされているんだなって
絶対に助ける。
絶対にこの猫たちを助ける。
この家族を助ける。
という思いが伝わってきました。



大阪の中之島公園の猫の事例は
人口が多い名古屋の公園の猫対策として
モデルケースにしたいのですが
3者(猫ボラ・地域住民・行政)の連携が
まだなかなか進まないところが現状のようです。


でも、名古屋市内でも区によっては
なごやかキャットサポーターになっている方同士の
報告会やケース毎の相談などが
行政連携で行われているとか。



大阪の荒井さんも保護猫ゼロ、譲渡猫ゼロにしたい
ねこけんさんさんも明日にでもこの活動をやめたいとか
言っておられましたが
目標はそこですよね。


私たちも
「譲渡会を開かなくても済むようにしたい」と願っています。


みんな「猫が好きだから」「子猫がかわいいから」
この活動をしているわけではありません。


▼ △ ▼ △ ▼ △ ▼ △ ▼ △ ▼ △ ▼ △ ▼ △



ねこけんさん特製の
捕獲器の向こう側(踏み板がある側)がアクリル板になっていて
猫の警戒心をより少なくして入ってもらおうというやつ、
試してみたいな。

シンポジウムでは
「これ欲しい人!」
の問いかけに一番早く手を挙げた方にプレゼントされておられました( ̄。 ̄ノ)ノ
瞬発力が足りなかった…(;д;)

「捕獲は猫をいかにだますか」
と溝上さんが言っておられましたがほんと、そうですよね。



まだまだ書き残したいことも
ありすぎますが、なかなかまとめられません。
また次に。




〈記事 へちま〉


にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村





★なごやかキャットサポーターをご存知ですか?
 野良猫を減らしたいと思っている名古屋市民の皆様が
 市から助成を受けて取り組める制度があります。
 名古屋市が行っている「なごやかキャットサポーター」を活用しませんか。
 まずは当ブログ内の「なごやかキャットサポーター」の記事をご覧ください。




category: 日々の記録

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://minatoneko2014.blog.fc2.com/tb.php/701-4ffabaeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Instagram

カレンダー

カテゴリ

カテゴリ2

メールフォーム

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

▲ Pagetop