みなと猫の会 ~こぴっと猫だより~ ホーム » 日々の記録 »突然の死

突然の死  

いつもと同じはずだった。




まだ夜も明けていない朝4時
何時だろうと起きるとごはんコールがうるさいみんな


仕方ないのでごはんをあげる。





あれ?
ツナちゃん、何してるの?


床で横になっている。





えっ…

動かない
目があいてる

胸に耳を当ててみたが無音



ツナちゃん!!


まだ体は温かい
まだ柔らかい



でも
呼んでも
急いで心臓マッサージをしてみても
起きることはなかった。





IMG_3773-480.jpg




なんで?!
前の日の夜までは何も変わりなかったはず



いつも通りごはん食べて
トイレ行って
それから…それから…






横隔膜ヘルニアで
肝臓が胸腔に入り込んだまま癒着してたから?
最近ちょっと太り気味だったから?
何かの弾みでまたヘルニアが起こった?





呼吸は荒くなかったし
嘔吐もなかったし
ごはんも食べて
普通に歩いて走って
具合悪そうには見えなかった。


ずっと病気もなく薬も飲んではいない

3kgくらいだったのが3.5kg
癒着した肝臓に脂肪が付き過ぎて
何かあったってことないよね…





何がいけなかったんだろう?
なぜ気付かなかったんだろう?








横隔膜ヘルニアの手術をしたのは
8年くらい前、ツナちゃんが3歳くらいの時。

その2年前1歳の頃に母猫と一緒に捕まり
避妊手術して公園に戻した子だった。
まだTNRとか知らない頃だったので
耳先カットはしていない。



ヘルニアの手術自体はその時
最善の方法でしてくださったと思っている。

肝臓・胆嚢・胃・小腸の一部まで胸腔に入り込み、
引っ張り出したが肝臓は癒着していた。


出血し、それ以上肝臓は剥がせず
柔らかい臓器なので無理に剥がせば
大出血して命が危ないとのことだった。


癒着したまま肝臓の周りを縫い
胃がまた入り込まないように2箇所で
胃を腹膜に縫い留めたと説明を受けていた。


当時のレントゲンで片方の肺が
3分の1ほど肝臓に押されたままだったが
退院後の呼吸数は正常だった。



当時も何度も検索してみたが
「癒着していた場合の予後は不良」

と書かれていても
どう不良なのか?この先どうなるのか?
わからなかった。





レオ 傍についていてくれてありがとう
IMG_3779-480.jpg



どうして…
何もできなかった
気付きもしなかった




解剖して調べてもらおうかと
手術をしてもらった病院に電話してみた。



可哀想だけど臓器を取り出して
病理検査もできることはできるけど…


年数が経っていてその間異変もない
太ってきてたくらい栄養状態も悪くない

肝臓は胃や腸みたいにガスが溜まって
膨らんでということもないし呼吸も荒くなかった

術後は脱走したこともなく室内のみの生活

管理が悪かったとも思えないし、
元気だったのがある日突然
死んでしまうケースも数例だがある



お話を伺って諦めた。





疑うわけではなく
手術から年数が経った
ツナちゃんの状態って
どうなっているんだろうとは思っていた。




やっぱりお寺に行く前に
レントゲンだけ撮ってもらおう





曲線が正常な横隔膜 
IMG_3783-480.jpg


ツナちゃんの横隔膜
IMG_3781 (2)





抱っこは嫌いだったツナちゃん

ジタバタするので胸やお腹を
押してしまうのが怖くて
今まであまり抱っこはしなかったので
初めてゆっくり抱っこした。



箱には入れず毛布で体を包んで
抱っこしたままお寺に行った。


IMG_3786.jpg





大きな目を細めて
ゴロゴロ混じりの声で
足をふみふみしながらおねだり

顔を近づけると頭でコツンとしてくれたね。


お腹を撫でてとコロンと仰向けになって
撫でると両手を伸ばし
エアーふみふみ

可愛くて
いつか動画で撮ろうと思っていたのに。


ウエットフードが大好きだったのに
太ってきたからとあまりあげなかった

ごめんね
もっともっとおいしいもの
たくさんあげればよかった。



ツナ2-360




雨の日も雪の積もった日も
公園でごはんを待っていたツナちゃん。

寒い日は足がプルプル震えながら
ごはんを食べていたね。


もっと早くに保護していれば
もっと気をつけて見ていれば
あの日寝なければ…

後悔ばかり
いまさら遅いね。




IMG_3991-480.jpg



ごめんね、ツナちゃん
どうか安らかに


<記事 ちび太郎>


にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村





★なごやかキャットサポーターをご存知ですか?
 野良猫を減らしたいと思っている名古屋市民の皆様が
 市から助成を受けて取り組める制度があります。
 名古屋市が行っている「なごやかキャットサポーター」を活用しませんか。
 まずは当ブログ内の「なごやかキャットサポーター」の記事を
 ご覧ください。

category: 日々の記録

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://minatoneko2014.blog.fc2.com/tb.php/677-3ff0750a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Instagram

カレンダー

カテゴリ

カテゴリ2

メールフォーム

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

▲ Pagetop