みなと猫の会 ~こぴっと猫だより~ ホーム » 日々の記録 »捨てることの意味

捨てることの意味  

不妊手術を終えた捨てられっ子たち。


白黒長毛猫さんも濃いめのオレンジの茶トラくんも飼い猫だったはずが、
ある日突然 知らない場所に置き去りにされた。

ダイゴもそうだ。




見知らぬ公園。

どっちへ行けばいいのか分からず、捨てられた辺りで通りかかる人にすがろうと
誰彼かまわず近寄って行く猫もいれば、怖くてじっと隠れている猫もいる。


1度だけ偶然見かけても、その後 誰も姿を見ていないということも多い。








先日 手術した白黒長毛さん。

きれいな子だが、



片目が潰れている。

こんな目になったから捨てられたのか?
飼い主が治療もしなかった怠慢のせいなのに。





捨てられたこの2頭は別々のエリアだが、どちらもすでに猫がいる所には入れず
それぞれがポツンと離れた場所をウロウロしている。
餌にありつけることも減る。



公園に捨てれば生きていけるだろうとでも思って捨てるのだろうが、居場所はなかなか無い。



ダイゴが捨てられたエリアは特に、すぐ横の道路が交通量も多くまっすぐでスピードを出す車も多いため
よく猫が轢かれている場所だ。

追われて道路に飛び出してしまうのだろう。
しばらくは近くにいても、捨てられて このエリアで生き残っている猫はほとんどいない。


この公園は、虐待で何匹かの猫が命を落としている場所でもある。




以前、子供がアレルギーになったから猫を引き取ってくれないかと言ってきたオヤジがいた。
断って里親を探すよう言ったが、その日 猫が捨てられた。

その時捨てられた猫




飼っていた猫を捨てることを何とも思わない父親を、アレルギーになった子供はどう思うのだろう?

自分の都合ためには当然、すぐ目の前からいなくなれば後はどうなろうと知ったことではない。

そんな父親と同じ大人になるのかな?
それとも、自分のためにかわいそうなことをしたと思う?




捨てることは殺すことと同じ。

それを分かってほしい。


<記事 ちび太郎>


category: 日々の記録

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

Instagram

カレンダー

カテゴリ

カテゴリ2

メールフォーム

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

▲ Pagetop