みなと猫の会 ~こぴっと猫だより~ ホーム » 日々の記録 »ミケコその後

ミケコその後  

9月22日、大雨が降った日の夜、保護したミケコ。

大雨が降っている中、私の顔を見てかけよってきたんだ。

前日に初めて、ちょっとだけ顔を見ただけだったのに。


    雨に濡れる猫たちの事情  
  

ゴハンをもらっていても

おそらく十分な量は食べられていなかったのだろう。

かなりお腹を空かしていたらしい。




翌日、23日の病院での診察で

脇腹に大きなカタマリがあり、歯も一本もないことがわかったミケコだけど、

ここで年寄り、病気持ちだからといってリターンするわけにはいかない。

   
    ミケコの健診


三毛猫だからメスだろうけど

避妊手術してあるのか?

だが妊娠する体力も機能も落ちているんじゃないかな。

ここでリターンしても

妊娠もしないかもしれないけど

リターンするくらなら保護しなければよかったのだ。



でも、それができなかった…。



本当の年齢はわからないけれど

かなり長い間、外でがんばって生きてきた猫だということはわかる。



「猫は拾ってもキリがない」ということはわかっている。

実際、今まで見つけても

自分のそのときの生活事情により保護しないことも

多々あった。


保護できないから、そのまま…。



でも「そのまま」ってのも苦しい。

胸がすっきりしない。



ただ、

ミケコは保護したけど

今後も見つけたらそうするかはわからない。

いや、ミケコのような猫を外でもう見かけたくない。

そうなってほしい。




「外で暮らす飼い主不在の猫の問題」は

「飼えなくなった猫を要らなくなった物を捨てるように遺棄する問題」であり、

「避妊・去勢手術をしないまま野良猫に餌を与えつづける問題」であり、

「避妊・去勢手術をしやすくなるように取り組まなければならない自治体の問題」であり、

「需要以上に猫を市場に持ち込み利益を得ようとする社会問題」であり、


…つまりは

「地域・行政が一体となって解決していかなければならない環境問題」である。



ミケコはそのとっかかりをこの土地に引っ越してきた私に投げかけてきた。



保護した人だけが抱える問題ではないし、

それではキリがないんです、本当に。




ブログでちょぼちょぼ訴えて

どれだけ効果があるのかわからないのだけれど

書かずにはいられない。


とりあえず、書く。


KIMG3507_640.jpg


KIMG3512_640.jpg





う~ん。




保護して6日がたち、

今日は前足、後ろ足だけでもと思い、お湯で汚れを落としました。

こびりついた茶色い汚れはなっかなかきれいには落ちないけれど

保護したときに比べれば、ずいぶんきれいになりました。

※写真撮りそびれた



あと、昨日あたりから顔を見に行ったときに

「ゴハン~」と言わずにスヨスヨ寝ているようにもなりました。

だいぶ食欲も落ち着いてきたようです。



〈記事 へちま〉

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村





★なごやかキャットサポーターをご存知ですか?
 野良猫を減らしたいと思っている名古屋市民の皆様が
 市から助成を受けて取り組める制度があります。
 名古屋市が行っている「なごやかキャットサポーター」を活用しませんか。
 まずは当ブログ内の「なごやかキャットサポーター」の記事をご覧ください。


category: 日々の記録

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://minatoneko2014.blog.fc2.com/tb.php/610-87a5b89a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Instagram

カレンダー

カテゴリ

カテゴリ2

メールフォーム

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

▲ Pagetop