雨に濡れる猫たちの事情

今年は夏が短かった…ような。

そして、

秋に入っても雨が多い。

外の猫たちには

やっと過ごしやすい季節が来たと思っていても

なかなか心穏やかになれるポカポカ天気の日に恵まれませんね。



そんな中、

昨日、どしゃぶりの雨の中にいる猫を保護。

捕獲器いらずの穏やかな大人の三毛猫さんでした。




家で簡易ケージを組み立て

その中に入れても

シャーもフーも言わず。

ご飯を少し食べた後、耳掃除までさせてくれました。

耳掃除をしている最中、

ゴロゴロゴロ…。

気持ちいいよって顔をして

安心してくれました。





濡れた毛はキッチンペーパーとタオルでふきとるしかなかったけど

湯たんぽを置いたので

外にいるよりはずっと心地よくあったかいはずです。


雨に濡れても外にいなくてはならない

この猫の事情は。

想像をめぐらせればいろんなことが考えられます。


ひとついえるのは、雨に濡れたこの猫の体を休ませる場所を

外から室内に変えないと

冷え込む夜から朝の間に命が消えてしまうかもしれないということ。



今日は病院へ連れていかないと。


〈記事 へちま〉

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村





★なごやかキャットサポーターをご存知ですか?
 野良猫を減らしたいと思っている名古屋市民の皆様が
 市から助成を受けて取り組める制度があります。
 名古屋市が行っている「なごやかキャットサポーター」を活用しませんか。
 まずは当ブログ内の「なごやかキャットサポーター」の記事をご覧ください。


関連記事

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

minatoneko2014

Author:minatoneko2014
みなと猫の会メンバーは、みんな普通の一般市民。身近にいるのら猫たちの状況を嘆き、自分たちができる範囲で1匹でも不幸な猫を減らそうと名古屋市で活動中。私たちがやっていることは特別な知識や考えがなければできないというわけでは決してありません。ヤル気さえあれば誰にでもできることをやっています。まだまだ未熟者なので行政や周囲のみなさまの知恵や力をお借りしながらのら猫問題を解決できるようにしていきたいと思っています!

みなと猫の会メンバーは、みんな普通の一般市民。身近にいるのら猫たちの状況を嘆き、自分たちができる範囲で1匹でも不幸な猫を減らそうと名古屋市で活動中。TNRから里親様探しまで、行政や地域の皆さんとご一緒に進んでいきたいと思っています。

譲渡会への来場希望フォーム

Instagram

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

最新記事

迷子の猫を探しています 1

こつぶちゃん
↑画像をクリックで詳細記事へ

★なごやかキャットサポーターって?

野良猫を減らしたいと思っている
名古屋市民の皆様が市から助成を
受けて取り組める
「なごやかキャットサポーター」
という制度があります。
まずは当ブログ内の
「なごやかキャットサポーター」
の記事をご覧ください。

愛知県動物遺棄防止ポスター

令和元年愛知県遺棄ポスター