みなと猫の会 ~こぴっと猫だより~ ホーム » 日々の記録 »区民まつりに行ってきました

区民まつりに行ってきました  

毎年 11月3日は名古屋港での港区 区民まつり。
お世話になった団体から離れて心機一転、海からの風の中で清々しい楽しい1日でした。




フリマなど一般市民がブースを出せる区もあるようですが、港区では行政や学区などのブースのみ。
去年から保健所が参加。その手伝いで行ってきました。


広場の周りを囲むテントでゲームや食べ物、手前がステージになっていて
仮面ライダーウィザードのショーに人が集まっています


展望台をはさんで海沿いに行政のブース




港区ならではでしょう。



ヘリコプターからロープで投下



こうして救助にあたるんですね




船からの放水。もっと高くまで水が上がります



船で避難の際の訓練


実際に乗ってみることができます



地震の揺れを体験できたり



お手軽防災グッズの紹介や詳しい説明も




消防車の運転席に小さな消防士さんが乗っています。お子様用の防火服もあり気分は消防士



環境事業所ブースでは らくがき回収車。お子様たちが描いています



ゲームをして当たると名水がもらえます



災害の時にはこれが配られるんですね



こんなキャラも登場。選挙のPRらしい謎の生きもの。背中には天使の羽根?





意外と集中したのがセアカゴケグモへの関心

保健所ブースで紹介しておりました



リアルな作りもので生息している場所を紹介



乾燥を好むセアカゴケグモは土や草の中より人工的なコンクリートや側溝、
ベランダに置きっぱなしの履物やプランターの裏など、身近な所に生息するとか



実物のセアカゴケグモのメス。赤い模様が特徴的。毒を持つのはこの赤い模様があるメスのみ
丸いのは卵胞だそう。中にたくさんの卵が入っているのが見える



保健所に詳しいパンフレットを用意しています





こんな雰囲気の中、私達は


遺棄防止と、のら猫を減らすための地域猫活動の説明、名札作りで身元表示をPR



のら猫の不妊手術の必要性を説明したり、お困り事の相談を受けたり 猫の飼い方の話も。
スタッフとしてブースのお手伝いをされている保健委員さんたちからお話を聞いたり。
愛護センターももっと働いてもいいんじゃない?という感じではありましたが。

地域のために働く保健委員さんの所にも、猫に関する相談がたくさん寄せられるそうです。





災害に備えてペット用品も準備しておかなければいけませんね



リュック型のペットキャリーで飼い主さんに背負われて。ワンちゃんとの避難にもお散歩にも便利ですね





保健所とお隣の警察ブースではパトカーに乗れます



県警がテレビのドラマ仕立てで注意を呼び掛けているそうだ。今の放映は振り込め詐欺みたい





愛知県作成 動物の遺棄防止ポスター。左から保健所職員、コノハけいぶ、警察官、メンバー





のら猫が増えるのは捨てる人が後を絶たないから。

動物の遺棄・虐待は犯罪です!!



<記事 ちび太郎>


category: 日々の記録

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

Instagram

カレンダー

カテゴリ

カテゴリ2

メールフォーム

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

▲ Pagetop