みなと猫の会 ~こぴっと猫だより~ ホーム » 日々の記録 »『100万分の1回のねこ』という短編集

『100万分の1回のねこ』という短編集  

『100万回生きたねこ』を読み返した。


無題


1977年に第1刷が講談社から発行されたたくさんの人に読み継がれている
佐野洋子さんが描いた絵本だ。
私が持っているのは2007年第87刷発行、
10年前に友達からプレゼントされたものだ。

「ねこ」が100万回生きて、
さいごは生き返らなかったわけ。

子どもの頃や10年前はしっかり読んでなかったけど
今になって心に染みる、さいごは生き返らなかったわけ。





『100万分の1回のねこ』、
これは昨年発行された
『100万回生きたねこ』のトリビュート短編集だ。


100万分の1回のねこ


13人の作家さんがそれぞれの思いを「ねこ」に託して描いている。
全部をまだ読んではいないが
ねこと一緒に暮らす人は読んでみるといいかもしれない。


〈記事 へちま〉

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村





★なごやかキャットサポーターをご存知ですか?
野良猫を減らしたいと思っている名古屋市民の皆様が
市から助成を受けて取り組める制度があります。
名古屋市が行っている「なごやかキャットサポーター」を活用しませんか。
まずは当ブログ内の「なごやかキャットサポーター」の記事をご覧ください。


category: 日々の記録

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://minatoneko2014.blog.fc2.com/tb.php/552-8d35b0e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Instagram

カレンダー

カテゴリ

カテゴリ2

メールフォーム

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

▲ Pagetop