みなと猫の会 ~こぴっと猫だより~ ホーム » 日々の記録 »猫ブームっていったい…

猫ブームっていったい…  

昨年の後半あたりからだろうか。

「今猫ブームですよね~」
とあちこちから聞くようになった。

そんなブームだったとは知らない私は
「へぇそうなんですか~猫は散歩しなくていいですからね~」
なんて答えていた。

ブーム…
ブームっていったい…
どこでブームが沸き起こっているんだろう…

私の周りは
TNRや里親募集で必死こいてるブームどころのさわぎじゃない人ばかりなもんで
ブームという形には見えない世の中の空気が見えていなかった。

でも、よくよく考えたら。

ブームって
「今年のトレンドは~」とか「今年の夏流行のファッションは~」とかと同じように
一部メディアが盛り上がって作っているものなのでは?

服や不動産、お安いものからお高いものまで
「今が買い時!」
「消費税増税前に!」
なんて言ってメディアに煽られ消費してしまうものってありますよね。

こう書いている自分だってメディアに煽られてしまう一消費者、一般人に過ぎませんが(^^;)


ブームと言われてから
なんとなくテレビでも生き物(猫)を扱った番組が多くなっていることに気づく。
それはそれで一視聴者として嬉しいが
その番組内での取り上げ方が問題だ。


人間より猫が多い島のことを『猫の楽園』とか言って
初上陸~♪なんてテンション上げている番組には正直ゲッソリする。

番組を作っている人たち…
その猫が全員「猫」じゃなくて「人」だったらどうなんですか…
って言いたい。


猫だったら食べ物を必死に探す姿は絵になるんですか?

ケガを負い、トボトボと歩いて縄張りを去って行く姿が絵になるんですか?

お日様の下で気持ちよさそうに日向ぼっこをする猫が
気温が下がる夜から朝にかけてにどんな思いで太陽が昇るのを待つか想像したことがありますか?

生まれてもすぐに虚弱や栄養不良、低体温で命を落としてしまう子猫もいることを知っていますか?

他の野生動物の餌食になってしまう子猫がいることを知っていますか?



このような外で暮らす猫の一つの側面は
島だけでいえることではなく
自分たちの身近にある近所の公園などでも同じ事がおこっている。

島の猫を取材するのは
自然の中で必死に今を生きる姿が明らかに絵になるからだろう。
一般市民からのしたたかな反対意見もなく取材しやすいからだろう。


子猫の里親探しをする
全国のたくさんのボランティア団体、個人は
ほとんどがTNRをしながらの活動である。
(T=Trap 捕獲、 N=Neuter 不妊手術、 R=Return 猫を元の場所に戻す)

つまり、
「子猫を生まれさせない」ようにしつつ里親募集をしているのである。

出産ラッシュ♪
なんて喜ぶ人は誰もいない。

生まれてきた1匹1匹の命の時計が止まらないように
必死につないでいるだけである。


統計なんてものも見てないので本当にブームなのかもわからないけれど
メディアが伝える猫の可愛さを見て知ってもらった上で
辛い思いをして外で暮らす猫がいること、
そんな猫を減らしていくにはどうしたらいいんだろう、と
思いを馳せていただける時間をもってもらえると嬉しいなと思います。



〈記事 へちま〉

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村





★なごやかキャットサポーターをご存知ですか?
野良猫を減らしたいと思っている名古屋市民の皆様が
市から助成を受けて取り組める制度があります。
名古屋市が行っている「なごやかキャットサポーター」を活用しませんか。
まずは当ブログ内の「なごやかキャットサポーター」の記事をご覧ください。

category: 日々の記録

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://minatoneko2014.blog.fc2.com/tb.php/546-be9e288a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Instagram

カレンダー

カテゴリ

カテゴリ2

メールフォーム

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

▲ Pagetop