みなと猫の会 ~こぴっと猫だより~ ホーム » 日々の記録 »ペットビジネスの変化とはびこる闇

ペットビジネスの変化とはびこる闇  

ペットショップが主催する譲渡会というものがあることを最近知った。

そのペットショップは業界大手だと思われる。
全国に存在するショッピングモール内でもよく見るところだ。

大手だから広告にも力を入れられるようだし
里親を希望する人からの信頼もあると思われる。

広告というのは店内においてあるフリーペーパーや
写真入りチラシのことである。
展示している動物のところしか目がいかない人には気づかないかもしれないが
よくよく店内を見回すとそのフリーペーパーに目が止まる。

譲渡会の他、店内に里親募集中の犬も1匹のみ専用ブースを設け
常時募集している店舗もあるらしい。

犬のみで今は猫は行っていないようだ。


ペットショップが譲渡会、里親募集犬の展示などを行うことによって
「そういう出会いがあるんだ」ということを市民に知らしめるには
大きな力をもつと思う。

動物を飼いたいと思う際にまずペットショップを考える人が
日本には大勢いるのだと思うから。

ほうっておけば衰弱したり、殺処分されたりして
死んでしまうであろう動物の命を1匹でも多く救うために。


ペットショップ業界で働く人、
ペットビジネスで利益をあげ生計を立てている人、
そういう人や産業がもし仕事がなくなればどうなるのか…
いったんリセットして
そういうビジネスがない国になれないものか…

経済、法律、社会の循環、飼い主が見つからないあふれにあふれる動物…
そういうさまざまな観点から考えないとリセットなんて成功しないのだろうけど
リセットできないものだろうか。

そんなことがいつも頭の中にあるけれど
譲渡会、里親募集犬の展示などを企画しているペットショップがあることを知り
自分たちの利益ばかりを追求しているわけじゃないところもあるのかなと
少し救われた気持ちになった。

本音と建て前みたいなものもあるのかなと
どうしても疑ってしまう自分もいますが…。


ただ一つ言えるのは
私たちのような一般市民が開催しているような譲渡会に参加する動物も
ペットショップの展示ブースに入れられている動物も
命の重さは変わりません。
愛おしい命であることに変わりありません。


少しでも早く需要と供給のバランスがとれた数となるようになってほしい。
少しでも早く日本も生体販売のない国になってほしい。

先日5月26日(木)の放送の
NHKクローズアップ現代+『追跡!ペットビジネスの闇』を見て
改めてそう思いました。

ペットショップで売れなかった動物を引き取る悪質な引き取り屋の人が言った言葉が
頭から離れません。

「やめたいけどやめさせてくれないんだよ
俺がやめたらみんな困るって」
※記憶ではこんな感じでした

なんのためにペットショップを始めたの?
利益のため?
もうかるから?

そんなにもうけたいなら他の手段を考えて。
他の仕事に就いて。




NHKクローズアップ現代+『追跡!ペットビジネスの闇』を見逃された方は
NHKオンデマンドでも視聴できます。


〈記事 へちま〉


にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村





★なごやかキャットサポーターをご存知ですか?
野良猫を減らしたいと思っている名古屋市民の皆様が
市から助成を受けて取り組める制度があります。
名古屋市が行っている「なごやかキャットサポーター」を活用しませんか。
まずは当ブログ内の「なごやかキャットサポーター」の記事をご覧ください。

category: 日々の記録

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://minatoneko2014.blog.fc2.com/tb.php/543-88c62030
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Instagram

カレンダー

カテゴリ

カテゴリ2

メールフォーム

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

▲ Pagetop