みなと猫の会 ~こぴっと猫だより~ ホーム » 未分類 »考えよう! 動物の命の尊さを

考えよう! 動物の命の尊さを  

私が引っ越した地域は東京でも緑が多いところです。
自治体が昔から残る緑地を保存しようと力も入れています。
準絶滅危惧種に指定されているオオタカの巣などがあり
近隣の各種工事なども生息に影響が出るので期間が限定されて行われているようです。

でも引っ越してきてからまだ一度もオオタカの姿を見たことはありません(-_-)
一度見てみたいと思っているのですが…。
ヒトにそうそう姿を見られないように生きているのでしょうか。
飛んでいても気づかないだけかな。



近くの散歩道というか人々の生活道路の横の歩道も緑があふれています。
犬を散歩させるにはとってもいい地域だと思います。
アスファルト道路の上ばかり歩くより、
風を感じながら土の上を歩くのはワンちゃんにとってとても気持ちのよいものでしょう。
猫も散歩させてみた~い!!


しかし、こんな看板も。

散歩マナー



そして、見たくはなかった、こんな看板も。

小平市遺棄防止



日本中、どこへ行ってもこのような現実は変わらないのでしょうか。

犬猫を捨てることに罪を感じながらも
それをやってしまう日本人の罪の根深さ。

「じわじわと衰弱して死ぬぐらいなら、いっそ自分が楽にしてやろうと思った」
そんな言葉が口から出てきた
こないだ逮捕された和歌山県に住む80代のおじいさんのニュースもありました。
猫をポリ袋に入れ、生きたままの状態で海に投棄して殺していたとのこと。

そのおじいさんからしたら
生きていてもあとは衰弱していくだけ
早く楽にしてあげたい
そんな自分中心の考えから起こした行動だったと思われます。


昔はそんなことがよくあった…だから今も。
そんな理屈は通用しません。

息が止まる瞬間の苦しさを私は味わったことはありません。
でも苦しいはずです。
死ぬのですから。


このおじいさんは誰かが助けてくれないかなという思考をすっとばし
自分で殺してしまいましたが
捨てることも殺すこととなんら変わりません。

どうか困ったときは捨てずに誰かに相談してください。
相談した先に何かの手がかりがあるはずです。



旦那は緑の中をさっそうと走る大人の猫を一度だけ見たと言っています。
その猫が捨てられた可能性は高い…のかな。



〈記事 へちま〉

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村





★なごやかキャットサポーターをご存知ですか?
野良猫を減らしたいと思っている名古屋市民の皆様が
市から助成を受けて取り組める制度があります。
名古屋市が行っている「なごやかキャットサポーター」を活用しませんか。
まずは当ブログ内の「なごやかキャットサポーター」の記事をご覧ください。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://minatoneko2014.blog.fc2.com/tb.php/541-df681d6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Instagram

カレンダー

カテゴリ

カテゴリ2

メールフォーム

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

▲ Pagetop