みなと猫の会 ~こぴっと猫だより~ ホーム » 各種イベントのお知らせ »動物愛護法改正へ向けての交流集会

動物愛護法改正へ向けての交流集会  

おぶねこさんからの転載です。


THEペット法塾の植田先生から、
4月21日の院内集会のご案内がありました。

動物愛護法改正へ向けての交流集会です!
たくさんの方の参加があるといいですね!!


詳細は、下記のとおりです。


以下、植田先生からのメール転記です。
(長いですが、ぜひお目通しくださいm(__)m)

*************************




全国動物ネットワーク賛同団体の皆様
情報共有をお願いしている皆様

いつもお世話になっております。ラッシュジャパン助成金事業である、
4.21動物愛護法改正へ向けての交流集会のご案内とお誘いを申し上げます。
皆様におかれましても、広報・拡散をよろしくお願いいたします。

【転載、拡散歓迎】

■4月21日(木)の午後に、衆議院会館にて院内集会を行いますので

ぜひご参集ください。

<動物愛護法改正へ向けての交流集会>
~機能しない現場と立法の必要性~

日時:4月21日(木)15時~19時30分
開場:14時30分
場所:衆議院第一議員会館 大会議室
主催:THEペット法塾、全国動物ネットワーク
後援:株式会社ラッシュジャパン

<内容>
■吉田真澄先生(弁護士 元帯広畜産大学副理事長)の講演
■佐藤衆介先生(帝京科学大学教授)の講演
「産業動物の福祉向上はグローバルスタンダード」
■太田匡彦氏(朝日新聞社記者)による取材現場からの発信
■報告と意見交流
テーマ 「現場からの報告と動愛法改正の必要性」院内集会
 ① 野良猫殺処分の行政を止められるか?
   野良猫の保護と餌やり問題(立法化のあり方。行政の取組のあり方)
 ② 所有者不明の犬猫保護の制度は出来るのか?
   所有者不明の犬猫の警察と行政の役割(遺失物法、行政の引取殺処分問題)
 ③ 全国の行政の取扱の状況(行政調査)
 ④ 動物取扱業の規制は必要か?(8週齢規制の進め方、登録制から許可制へ)
 ⑤ 実験動物の福祉の制度は必要か?
 ⑥ 被災動物は救われているか?
 ⑦ 動物虐待とアニマルポリス、マイクロチップはどうなるか?
 ⑧ 動物と人間社会はどうあるべきか?(動物サンクチュアリ、野生動物など)

<出席国会議員との意見交流>
出席国会議員:牧原ひでき(自民党 衆議院議員)

       藤野真紀子(元自民党 衆議院議員)

       生方幸夫(元民主党 衆議院議員)
       松野頼久(民進党 衆議院議員)

       福島みずほ(社民党 参議院議員)

       前川きよしげ(民進党 参議院議員)

意見交流
   佐川久子、畑初美(京都府)/植田勝博弁護士/溝淵和人(静岡県)/

   岡田実千代(南あわじ市)/佐藤泰子(静岡県)/桐畑陽子(金沢市)/

   山崎悦子(名古屋市)/青木敦子弁護士/鶴田真子美(ANJ)/

   藤沢顕卯(NPO法人地球生物会議(ALIVE))/坂本博之弁護士/
   井上太一(翻訳者、動植物倫理等)/箱山由実子弁護士/渋谷寛弁護士/
   佐藤衆介(帝京科学大学教授)/林太郎弁護士/

   橋本孝(常総水害被害者の会世話人)その他

<連絡先>  THEペット法塾代表 弁護士 植田勝博
       Tel:06-6362-8177,Fax:06-6362-8178,
       E-mail:petandlaw@yahoo.co.jp(HPからも可能)
       全国動物ネットワーク代表 鶴田真子美
       Tel:029-851-5580,Fax:029-851-5586
*****************************
お申し込み:
メール  fwin5675@nifty.com、 fax 029-851-5586
電話   029-851-5580
住所  茨城県つくば市二の宮2-7-20
  坂本法律事務所  ANJ事務局
  住所、氏名、電話番号、メールアドレスをご明記の上、

  メールまたはFAXにてお申込みください。
  お申込み頂いた方には折り返し受付番号を発行いたしますので、

  当日受付にて番号をご掲示ください。
  (受付番号をプリントアウト、もしくは携帯電話の

   メール画面でご提示ください。)


*****************************
■4,21院内交流集会では、佐藤衆介先生の

 畜産動物の福祉に関するお話も伺います。
 佐藤 衆介(さとう しゅうすけ) 教授・農学博士
 http://www.ntu.ac.jp/research/kyoin/seimei/animal/satou_s.html
 (帝京科学大学HPより)
  主な研究と活動
  ウシ、ブタ、ニワトリと言った産業動物も、

  痛みや喜びを感じる能力を持っています。

  これまで、それらに対する飼育管理技術は、人間の都合だけ、
  すなわち最も安価に大量に生産できるように組み立てられてきました。
  最近、産業動物の心に配慮することの必要性が、世界の各国から

  言われ始めています(産業動物福祉)。
  そして、飼育管理技術のグローバル・スタンダードが作られ始めました。
  そのような視座から、飼育管理技術の再構築に関わる基礎的、

  そして実務的研究を展開しています。


  

   佐藤 衆介
   動物行動、動物福祉、放牧 専門分野 応用動物行動学

   主な研究対象:ウシ、ブタ、ニワトリ
   主な研究課題:産業動物の福祉に関する研究
          ヒトとかかわる動物の行動に関する研究
          放牧に関する研究
          福島原発事故による警戒区域に残されたウシの保護と研究
          担当科目 産業動物学、産業動物の管理と福祉、

               草地利用学など


***********************************
■この院内集会は、株式会社ラッシュジャパン様による助成金事業です。
動物の福祉や権利を考える4.21集会へご参加の皆様には、
動物実験反対象徴のウサギのロゴが印字されているクリームなど、
ラッシュ・チャリティー・グッズが啓発ツールとして配布されます。
どうぞお楽しみに。




*****************************

転記以上です。




「可哀想で見られない」

そう言って目を背ければ、何事もなかったことになってしまいます。


苦しめているのは私達  法で救えるのも私達


<記事 ちび太郎>


にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村





★なごやかキャットサポーターをご存知ですか?
 野良猫を減らしたいと思っている名古屋市民の皆様が
 市から助成を受けて取り組める制度があります。
 名古屋市が行っている「なごやかキャットサポーター」を活用しませんか。
 まずは当ブログ内の「なごやかキャットサポーター」の記事を
 ご覧ください。

category: 各種イベントのお知らせ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://minatoneko2014.blog.fc2.com/tb.php/512-60604dd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Instagram

カレンダー

カテゴリ

カテゴリ2

メールフォーム

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

▲ Pagetop