みなと猫の会 ~こぴっと猫だより~ ホーム » 日々の記録 »東日本大震災から5年です

東日本大震災から5年です  

3月11日は東日本大震災が起こった日です。
たくさんの、ほんとうにたくさんの命が失われました。

亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。

また、多くの動物の命も犠牲になりました。
そして、災害とペットについてのあり方や、
いざという時の対処など
様々な情報交換や議論が
活発に行われるようになりました。

あまり知られていないことかもしれませんが
環境省は災害時において
”ペットと同行避難”することを推奨しています。

各市町村へも同様の対応をするように求めています。

主に2つの理由で同行避難をするよう全国自治体に指導しているようです。


置き去りにしてしまうと、
後から探すことが非常に困難であり
労力と手間がかかること


不妊去勢手術していなかったり、疾病があったりするペットを
置き去りにした場合、
繁殖や病気の蔓延などにより
地域の衛生に悪い影響を与えるため

ということのようです。


動物の命を尊重し
かつ、人間の生活を守るためですから
当たり前といえば当たり前ですが
中々徹底されておらず
「災害時には自宅にペットを
仕方なく置き去りにしてしまうかも・・」
と考えている飼い主さんも
多いのではないかと思います。

国は「ペットと一緒に避難するように」と
言っています。
各地方自治体にもその旨指導し、
積極的に働きかけると明記しています。

ということは、皆さんの住んでいる市町村にも
ペット同行避難についての指針はあるはずです。
※例えば愛知県はコチラ⇒愛知県「ペットの災害対策」
お住まいの自治体へ確認するとよいかもしれません。


環境省が出している
「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」
というPDF形式ファイルの冊子があります。

00skannkyoushou.png
(画像クリックでPDFファイルが別ページで開きます)

必要なことがわかりやすく書かれています。
備えておくべき物や、やっておくべきこと、
も詳しく載っていますので
目を通されてはいかがでしょうか。



当会では
猫の里親様になっていただく方に
三段ケージ(もしくは二段ケージ)の用意をお願いしています。
お願いする理由はいろいろありますが、
災害時にケージが必要になるため、ということも含まれています。
三段ケージはいざその時なってもすぐには入手困難な物品です。
なので、前もって備えていただくことをお願いしています。

災害時以外にも
猫が苦手、アレルギーがある人の来訪、
引っ越し、猫のけがや病気、二匹目を飼うとき
などなど、三段ケージは一つあると
とても便利です。


災害は万人、万猫に降りかかるもので
決して他人事ではありません。

また、何より飼い主さんの安全が一番です。
飼い主さんが心身ともにしっかりしていなければ
災害時の混乱の中、ペットは生きていけません。
自分自身もすぐに慌ててしまうタイプなので
気を付けなければ…。



3月11日 14時46分。
忘れずに、そして前へ進みます、と誓う黙祷を。



〈記事 つわこ〉


にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村





★なごやかキャットサポーターをご存知ですか?
 野良猫を減らしたいと思っている名古屋市民の皆様が
 市から助成を受けて取り組める制度があります。
 名古屋市が行っている「なごやかキャットサポーター」を活用しませんか。
 まずは当ブログ内の「なごやかキャットサポーター」の記事をご覧ください。

category: 日々の記録

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://minatoneko2014.blog.fc2.com/tb.php/491-06ab03f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Instagram

カレンダー

カテゴリ

カテゴリ2

メールフォーム

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

▲ Pagetop