みなと猫の会 ~こぴっと猫だより~ ホーム » 里親様と出会えた猫 »チャーちゃんとの再会

チャーちゃんとの再会  

野良猫のチャーちゃんを引き取りたい。


ある日 Nさんから電話があり、すぐにでも引き取りたいけど
今は事情があって…ということで、
預かってその間に私の方でチャーちゃんの一通りの治療と
去勢手術を済ませてからNさんにお渡しする。

チャーちゃんにかかる治療費はNさんが負担。


そうして2ヶ月。
チャーちゃんを無事にNさんにお渡しすることができました。



痩せっぽっちで小さめ、障害があるチャーちゃん。
可哀想に思い餌をあげて面倒をみていた方が数人いた。

ある出来事でチャーちゃんの身に危機感を抱いての相談だった。




病院の診察台の上でも 香箱座りでくつろぐチャーちゃん
IMG_8785.jpg


血液検査の結果待ちなの~
IMG_8793.jpg


まだ?
チャーちゃん


背中の搔きむしった傷跡残っちゃったね 毛生えないかもね
チャーちゃん2




私がブログにチャーちゃんの様子を書いたのを見て
初めて知る病気も多かったそうで、戸惑いがあったよう。


治療を引き受けたとはいえ、斜頸はたまたま私もしじみで経験し、
悩んだ上で避妊手術をしたためチャーちゃんの去勢手術は
慎重にNさんの意向を聞きながら、結論はNさんに委ねた。

選択肢はこんな感じかなと提示したものの、ずいぶんと悩んだ様子。




尿検査や血液検査は、頼まれてないけど検査費用はもらえなくても
気になって勝手にしたりと私のペースで進めたことにふと気が付き、
ウイルス検査も実はNさんの了承前にしていた。


精密検査はしなくてもいいと言われたが、私はある程度把握しておきたかったので
知りたくないところは伝えなければいいか。



白血病は陰性だったし、エイズ陽性でも先住猫への感染の可能性は低いし。

IMG_9059.jpg

結局、ウイルス検査はしたいというので結果を伝えた。


先住猫さんがいて、拾ってからずっと1匹飼いだったため気にもしていなかったと。
先住猫さんのウイルス検査をしたらエイズ白血病共に陰性。

初めは住み分けするよう用意するとのこと。



エイズはストレスなく過ごせば発症することなく天寿を全うできることも多いという。

交尾や血が出るようなケンカで感染するが、舐めあったりして
唾液に触れる程度では感染しない。


ただ2つの病院ともに、先住猫に絶対感染しないとは病院からは言い切れない。
(ケンカ等)何があるかわからないから。
心配ならケージを使うなど住み分けしてとしか言えない とのこと。




猫の先生は、エイズ白血病の検査をしてどうするの?と言う。

ウイルス検査は元々殺処分するかしないかを選別するためのもの。
他にも猫の病気はいくつもあって、検査方法のないものもある。
病気が何であれ その都度対処していくだけ、生き物を飼うというのはそういうこと。
エイズでも白血病でもそれは同じ。

エイズだから、白血病だから、というのは「差別」でしかない。
だからウイルス検査はしない というポリシー。


エイズキャリアだからといって寿命が短いわけでもないし、
発症といっても明確な線引きはない とのこと。



検査の是非はわからないでもない。
考え方は人それぞれ。





1回目の尿検査で比重が低かったのがちょっと気になって
ウイルス検査のついでに腎臓の数値だけ診てもらった
IMG_9061.jpg
1項目500円でピンポイントで血液検査もできるというのでしてみた

この時はBUNとクレアチニンだけ。


白い紙砂でおしっこの色を見ていると薄かったり
あれ?少し濃くなった?と微妙だったので不思議に思っていた。

う~ん…血液検査より尿検査の方が先にわかるというから、
まだ血液検査の数値に出ないだけ?





チャーちゃんを以前から知っているという方を追跡してまで調べてもらったようだが、
2つの病院と、私も申し訳ないがチャーちゃんが3歳という若さとは思えない。

去勢手術した猫の先生曰く、
チャーちゃんだと思っていた猫が入れ替わってるんじゃないかと。

歯石もいっぱい付いていたし、手術前にした血液検査の数値を診ても
そんなに若いと思えない。
10歳くらいいってるかも とのこと。


手術前に尿検査で引っかかったので強制的に血液検査をされたが、
そこで肝臓の数値が悪いと言われた。


病院によって機械が違うと標準値も違ってくるが、ここでは
BUN16.7(35) アンモニア105(35~40)
※ ( )内標準値

BUNが低く、アンモニアが高い。異常値はこの二つ。
GOT、GPTは必ずしも連動していないとのこと。

肝臓の数値が悪くて という経験が私はないのでよくわからないけど、
飢餓状態だったのか?と聞かれた。

うちにいる間、食欲が落ちることもなかったし
それどころかガツガツしていたくらい。
改善していけばいいけど。



尿比重が低かったはずだが、肝臓が悪いと腎臓の数値が低く出ることがあるそう。
それで再度、おしっこが診たいと言われていた。


このところ、おしっこは黄色くなっていて抜糸の際 2度目の採尿。

前回 比重は1.024だったのが 今回上がってる (._.)
チャーちゃん2回目採尿
一番下のブルーが明るいほど比重は高くなる


2度目の尿検査では比重は1.032まで上がっていた(1.035以上が正常)

今のところ腎臓は大丈夫と言われたが、
おしっこの色は見てあげた方がいいかもしれない。



初めNさんからは、チャーちゃんはまだ子猫で子猫用のごはんを
食べさせていると聞いたが、おしっこも薄いし

これ たまたまうちの子が食べてたので
IMG_8679.jpg

心臓病や腎臓病の処方食をどうしても食べない場合、
市販の高齢猫用はナトリウムなど低めなので勧められることがある。

これでいいだろうとチャーちゃんにも与えていた。
カロリー控えめのなので、チャーちゃんには量を多めに。



当初の下痢が治ってから、また下痢をすることがあった。

元気になってきて食欲旺盛になったチャーちゃん。
そういえば、大好きだからとウェットフードを多めにあげた。

うちのもずく(年齢不詳)がそうだが、ちょっと多めにウェットをあげると
ビチビチになる。


ドライフードを変えた時にもチャーちゃんは下痢をした。
食物アレルギーまでではないかなと思うが、添加物が合わないのかもしれない。
元のフードに戻したら下痢も治まり良い便になった。

ウェットフードは適量と、ドライフードを変更するときは便の状態見ながら、
下痢するようならメーカーを変えてみてとNさんには伝えた。


3種ワクチンも打ちましたよ
IMG_9060.jpg




先日、Nさんにチャーちゃんをお渡しする時、一緒に面倒を見ていた方たちが
一目チャーちゃんに会いたいということで連れて行った。



再会 チャーちゃんが好きだったおやつを持って来てくれていました
再会




そしてチャーちゃんとNさんをご自宅まで送り


ひとまず チャーちゃんはケージに
IMG_9054.jpg



ここが僕のおうちになるの?
IMG_9055.jpg
そうだよ これからはお母さんがずっと一緒だよ

もう安心だね。



お仲間からチャーちゃんにプレゼントなのだとか
IMG_9056.jpg

ぶたさんハウス ( *´艸`) 先住猫さんはびっくりしたそう。
チャーちゃんはあまり動じない大物だからきっと気に入るね^^




Nさんからフードと
IMG_9066.jpg


お手紙とご寄付を お仲間のお姉さんから猫おやつをいただきました
お土産
ありがとうございます m(_ _)m


群がる3兄弟(兄弟じゃないけど やること一緒なレオ・もなか・ちび太) 
あんたたち、いい子にしないとおやつあげないからねー



元気なチャーちゃんをお渡しできて良かった

チャーちゃん、幸せに!!



チャーちゃんはラッキーだったけど、他の猫も何とかしなきゃとは
思っているので、お姉さんもお話されてたサポーターになって
少しずつでも進めて行きたいですね。

協力していただける方がいらっしゃいましたら
ご紹介くださいねー (^ ^)/


<記事 ちび太郎>


にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村





★なごやかキャットサポーターをご存知ですか?
 野良猫を減らしたいと思っている名古屋市民の皆様が
 市から助成を受けて取り組める制度があります。
 名古屋市が行っている「なごやかキャットサポーター」を活用しませんか。
 まずは当ブログ内の「なごやかキャットサポーター」の記事を
 ご覧ください。

category: 里親様と出会えた猫

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://minatoneko2014.blog.fc2.com/tb.php/489-09c7a95c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Instagram

カレンダー

カテゴリ

カテゴリ2

メールフォーム

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

▲ Pagetop