みなと猫の会 ~こぴっと猫だより~ ホーム » なごやかキャット »推進事業の意味

推進事業の意味  

11月中旬に名古屋市内某地区のことで相談を受けました。

まず、その方が活動している地域の現状を伺いました。

主に3カ所、野良猫にご飯を与えて世話をしている箇所があるが
・ ご飯を与えながら避妊去勢をすすめているが自分一人では経済的に負担が大きすぎて追いつかない。
・ 避妊去勢をしながら猫の数を減らそうと思っているが、遺棄があるためなかなか減らない。
・ 活動を理解してもらえず、ご飯を与えづらい。
とのこと。

その人の思いは野良猫にご飯を与えながら避妊去勢手術を進め
徐々にその地域の猫を減らしたい。
里親に出せそうなくらい人に馴れている猫は里親を探してあげたい。

その方が考えていらっしゃることは
人と猫の共生を願っている個人・団体とまったく変わりはありません。
同じ思いをしてらっしゃる方は
おそらく日本中に五万といるでしょう。

足を運んで相談に来られたその方と違い、
日々、悶々と活動を続ける方も多いでしょう。

名古屋市では、
のら猫(特定の飼主のいない猫)による問題の解決を目指して、
地域の方がのら猫を「なごやかキャット」として適切に管理する場合に、避妊去勢手術費用の一部を助成しています。

今年度の助成額は以下の通りです。

・避妊手術(メス) \20,000(名古屋市補助分)+\10,000(名古屋市獣医師会補助分)=\30,000

・去勢手術(オス) \10,000(名古屋市補助分)+\5,000(名古屋市獣医師会補助分)=\15,000


今年度分の補助は11月中旬に一旦停止するとの情報があり、
今日現在も交付を停止しているようです。


相談に来られた方が、
このなごやかキャットサポーターの助成を受けられれば
経済的な負担はいっきに減るのですが、
この方が活動するのは公園。

公園は私有地ではないため、
猫用トイレを設置することができません。
こういった助成を受けるための条件を満たせないため、
この方は手術費用の捻出が追いつかないのです。

それに加え、公園では遺棄が年に数回あるとのこと。
手術をして数を減らそうとしても
遺棄があればその数は減るどころか増えるばかり。

当たり前のように捨てていく側が後を絶たない現実。

何かできるところから力になれればと考え、
管轄地区の保健所へこの件を相談すると、
話の内容は上部にあげると、
また、遺棄虐待防止のポスターを設置できるよう管理する土木事務所に依頼すると言っていただきました。

現場のポスターは先日確認してきたところ、
公園の入口側に一カ所ラミネートされたポスターをさらに頑丈なものに貼り付け、
設置してくださっていました。

KIMG0926.jpg

本当は、このようなポスターが貼られなくても
各自のモラルがあればこういった現状に嘆くこともないのですが。

遺棄は生まれたばかりの子猫だけではありあません。
人に馴れた大人の猫もいます。

すぐ譲渡会に出せそうな人なつこい子。

KIMG0937.jpg

温かい光は何よりもまして、この季節、外の猫が待ちわびているものです。

KIMG0942.jpg



各自治体で避妊去勢の助成に違いがあり、
名古屋市には、なごやかキャットサポーター推進事業があるだけでも恵まれていることなのかもしれない。
しかし、のら猫の繁殖力や遺棄の数を思えば、
推進事業が中途半端な効果しかあげていないのではないだろうか。

中立的立場でないといけないのはわかるが、
のら猫を減らしていこうという思いがあるのなら
市民が集う公園が安全で快適である必要があると思っているのなら
ぜひ、来年度以降、私有地だけでなく、
公的機関が管理する建物の敷地や公園にもなごやかキャットを適用できるようにしてほしい。

また、なごやかキャットサポーター推進事業を広く市民に知らせる努力もしてほしい。
「そんな助成あったの?だったら手術するわ!」
って言う人はもっともっと潜在的に多くいると思います。
また、事業を広く知らしめることによって、
ただ「猫にエサやりをするな」と言っておられる方の活動への理解も進むと思います。

市が目的をもって推し進めたいから「推進」ってついているんだよね?


〈記事 へちま〉

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村





★なごやかキャットサポーターをご存知ですか?
 野良猫を減らしたいと思っている名古屋市民の皆様が
 市から助成を受けて取り組める制度があります。
 名古屋市が行っている「なごやかキャットサポーター」を活用しませんか。
 まずは当ブログ内の「なごやかキャットサポーター」の記事をご覧ください。

category: なごやかキャット

tb: 0   cm: 2

コメント

Re: タイトルなし

ちむ様

コメントありがとうございます。

なごやかキャットサポーターになった場合に限りそうです。
ただし、指定の動物病院で耳カット必須など条件はあります。
minatonekonokai@gmail.com までメールを頂ければ
もっと詳しくご説明いたします。

minatoneko2014 #- | URL
2015/12/12 07:56 | edit

はじめまして。メスなら三万円、オスなら1万五千円の補助が受けられるということですか?
病院で避妊手術が3万五千円なら五千円で手術していただけるという事ですか?

ちむ #qx6UTKxA | URL
2015/12/12 07:10 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://minatoneko2014.blog.fc2.com/tb.php/415-15dca4f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Instagram

カレンダー

カテゴリ

カテゴリ2

メールフォーム

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

▲ Pagetop