みなと猫の会 ~こぴっと猫だより~ ホーム » 里親募集中の猫 »子猫のレスキュー カリメロの場合

子猫のレスキュー カリメロの場合  

毎年、3月の春のあたたかい日差しが気持ちよくなる頃、
外を出歩いていると、
助けを求める子猫の鳴き声が聞こえないかとか、お腹を大きくした雌猫がいないかとか警戒します。
普通に歩いていても、気配を感じたらそれこそ猫の耳がピクッと動くような感じです。

今年は新年早々引っ越しした関係で土地が変わったせいか
自分が緊急出動しなければいけない場面には、その頃、遭遇しませんでした。

それが、9月の21日のこと。
世の中はシルバーウィークで連休真っ只中でした。

前日から名古屋へ来ていた友人が次の目的地・伊勢へと向かうということで
午前中はプチ名古屋観光をし、お昼過ぎにサヨナラした後ふと聞こえてきたのが
子猫の声。
いや、最初は鳥か?と。

ピーーーピーーーピーーーピーーーピーーーピーーー

鳴き止まないピーピー。

部屋のベランダから耳をすますとかなり近い距離で聞こえてくる。
これは『出動か』と。
頭の中では現在の家の猫の数にプラス1して、
部屋のどこにレスキュー猫を置くか、財布に残っているお札はどれくらいあったかなみたいなことをざっと考える。

鳴き声のする場所は、
同じマンションの1階ベランダ。
一度長期不在で時々帰ってきてると立ち話したおじさんの家だった。
玄関のチャイムを押すと、この日もおじさんは不在だった。

手のひらに乗りそうなくらい小さな子猫が1匹。
お母さん猫が誤って運ぶ途中そこに落っことしたのだろうか。
プラスチック製の芝マットみたいなものがグルグル巻かれている中央にその子はいた。
グルグルといっても、ゆるゆるに巻かれていてかなり広めに中央が空いている。
しかし、その子猫は自力では這い上がれないだろうという高さ。
生後1ヶ月くらいの子猫ならなんとか上れただろうか。

マンションの管理会社に電話をするとかなりの早さで駆けつけてくださり
なんとその方が子猫を拾い上げてくださった。
さすがペット複数飼い可マンション、
管理会社の対応というか、その後も特にあーしろこーしろとか言わず
さわやかに去って行ったところがすがすがしかった。

その子を手にした私は、やはりこういう場合のマニュアル通り、ひとまず病院へ連れて行く。
体重180グラム。
健康診断の他、小さい体にできることはそうないので
食事はこうしたらいいというアドバイスをいただいたのみで帰る。
食事は粉ミルク。
粉とお湯の割合で濃いめにも薄めにもできる。
ほ乳瓶ではうまく飲めないっぽいことを伝えるとシリンジをすすめられた。
ほ乳瓶をがっつく子しか育てたことない…とちょっと不安に感じたがとにかくシリンジをいただく。


その二日後(9月23日)の子猫の姿がコレ。

KIMG0278.jpg

その翌日(9月24日)。

KIMG0298.jpg

10月7日。

KIMG0395.jpg

10月11日。

KIMG0482.jpg

10月17日。
この前あたりに、危機があったが、のりきる。
ミルクをお皿から飲めるようになる。

KIMG0501.jpg

離乳の頃、よく混ぜて食べていたウエットフードとと粉ミルク(森永ゴールデンキャットミルク)。

KIMG0599.jpg

11月9日。もうすぐ生後2ヶ月。

KIMG0728.jpg

これが今日、11月24日現在。
肩乗り猫になる。
今まで肩乗り猫がいなかったのでちょっと嬉しい。

KIMG0810.jpg

この猫はカリメロに似ているなと、旦那が言ったのでそれまで「黒チビ」と呼ばれていたのが「カリメロ」になりました。
今日、仲良しの小学生から教えてもらったのだけど
今もカリメロってテレビで放送しているそうですね!
土曜日に放送しているとか。
もう、昭和30~40年代生まれの人しか知らないのかと思ってました。

やったね!カリメロ。

カリメロ


そして!
カリメロの姉妹を11月7日に一匹。
その後、時間差で11月9日にもう一匹保護しました。
その遅れて保護した2匹は…
なんとカリメロをブログで見ておうちに来て下さった方が里親を希望してくださいました
カリメロは、また次ご縁を待とうね~。

カリメロの姉妹、花胡(はなこ)とアン胡は明日、トライアルに出かけます!
二匹一緒でよかったね、嬉しいね。


成熟した雌猫は年に2~3回、出産することもあります。
生後2~3ヶ月の子猫をそばで見守りながらもう妊娠している例は希ではありません。
夏や秋に生まれた子たちは、
冬に向かって、気温が低くなる時期を乗り越えないと死んでしまいます。
どうか、そんな子猫が一匹でもいなくなりますように。

エサを与えているだけでは子猫は救えません。
苦しい思いをするためだけに子猫を生まれさせたくありません。

よく、「猫が好きなんですね」と言われますが、
ただ、かわいそうな猫が見たくないだけです。


〈記事 へちま〉

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村





★なごやかキャットサポーターをご存知ですか?
 野良猫を減らしたいと思っている名古屋市民の皆様が
 市から助成を受けて取り組める制度があります。
 名古屋市が行っている「なごやかキャットサポーター」を活用しませんか。
 まずは当ブログ内の「なごやかキャットサポーター」の記事を ご覧ください。

category: 里親募集中の猫

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://minatoneko2014.blog.fc2.com/tb.php/405-941c5f71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Instagram

カレンダー

カテゴリ

カテゴリ2

メールフォーム

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

▲ Pagetop