みなと猫の会 ~こぴっと猫だより~ ホーム » 里親募集中の猫 »里親様募集中 片目のアイちゃん

里親様募集中 片目のアイちゃん  

里親募集中のアイちゃん、1歳半。トライアル決定しました!
28日の譲渡会に参加します。



まだまだ脳みそは子猫の頃のまま(^_^;)
片目の不自由さは感じられないやんちゃぶり。
時々、肩にも飛んで来ます。
遊びや起こす時に噛み噛みします。
三毛猫らしく気は強い方かな?
子猫の面倒見はいいです。



この子は去年、1匹で捨てられていた子だ。

この子は左目がない。
猫風邪、猫インフルエンザと言われるウイルスに感染し、どうやら目にウイルスが入ってしまったらしい。
眼球が中から腐り、病院で少し目を開かせようと先生が触った時、ピッと何か液体らしきものが飛んだ。
水晶体を含む目の組織だった。




去年の春、のら猫の不妊手術に協力してもらっている餌やりさんから電話があった。

「お岩さんみたいに目が腫れた子猫がいる!」

お岩さんみたい…? あまり想像ができなくて、 とにかく近くの病院に連れて行って
預かってもらうと言うので、よく分からなかったけど 「わかった」 と返事をして電話を切った。



すぐには見に行けずに5日間入院治療の後、多少は良くなっているのだろうと
一緒に病院へ迎えに行き初めて見た子猫。



5日前の状態を見ていないけど、これって良くなってないんじゃ…

その場で預かり、念のため別の病院へすぐ連れて行き診てもらったが、一目見て手遅れだと。

その日、たぶん抗生剤をもらって帰ったのだと思う。
片目だって片足だって生きていけることも頭では分かってはいるが
治ると思っていたので、ショックで説明もあまり覚えていない。

時々 何かあると知識のある知人に猫の病気の相談に乗ってもらっている。
以前、だから素人はダメなんだと言われた。
「泣いてないで獣医師の説明をちゃんと聞いて、 これからどうするかが大事なのに」 と。

だって素人だもん。
でも、仰る通り。
それ以来、だいぶ冷静を保てるようになったつもりだったが、まだまだのようだ。


まだ300gほどの小さな子猫。
目脂や赤みがあった早い時期に抗生剤で治療すれば目を失うこともなかっただろう。
小さな子の薬代など安い病院なら数百円~千円程度だ。

それすら惜しむのなら動物など飼わなければいい。
生き物を飼うにはお金がある程度かかって当たり前。
お金をかける気がない人は手を出すべきではない。



とにかく治療するしかない。抗生剤を飲ませながら徐々に吸収されるのを待ち、
大きくなって手術が出来るようになったら考えよう。


ゼリー状になった表面からは浸出液が出ては固まり、そっと剥がし何ヵ月も抗生剤を飲ませ続けた。



この時をピークに、時間をかけて徐々に腫れが引いていった。




同情ももちろんあったが、そんなこと忘れるくらいこの子は明るい。
普通に考えれば、きっと距離感は取りにくく不自由かもしれないが、見ていて感じはしない。
室内で暮らす分には何の問題もない。
屈託のない、生きてることが楽しくて仕方がない遊びっぷり。


遊び疲れて器用に眠っちゃった。お尻落ちませんように。



優しいレオ兄ちゃんが毛づくろい。レオも里親募集中。



こんなことされても怒らないレオ。子供好きだ。




人に対してはビビリだが、いつも子猫の面倒を見てくれる。



耳をハミハミされても怒らない。



だから調子に乗って強くなったんだろうか?




眼球がなくても涙腺は生きている。眼球を伝ってちゃんと吸収されるようだが、
眼球がないと上手く涙が吸収されないらしく、じくじくと涙が常に出てくる。



手術の負担を減らすため不妊手術ができる月齢まで待って、
同時に眼球摘出し涙腺を取り瞼を縫い合わせてもらった。




よく似た2人。怪しさも似ている。




元気でやんちゃなアイちゃん。 ご理解ある里親さま募集中です。
アイコ

ちょっとは大人になったかな?


<記事 ちび太郎>


category: 里親募集中の猫

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

Instagram

カレンダー

カテゴリ

カテゴリ2

メールフォーム

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

▲ Pagetop