みなと猫の会 ~こぴっと猫だより~ ホーム » なごやかキャット »またまたサポーターさん誕生!

またまたサポーターさん誕生!  

7月の譲渡会に見学、相談に来られた名東区の方。

うちの庭に時々やってくる野良猫たちの避妊去勢手術をしたいがいい方法はないか?との件でした。
「時々やってくる」というのが
サポーターの許可がもらえる範囲なのかどうか、
詳しくはわからなかったのですが
とにかく名東区の保健所の担当職員に相談をし、
「なごやかキャットサポーター」となることを希望してみてはどうかとお話していました。

その方は月に数日、どうしても家を空けなくてはならない事情があるとのことでしたが
隣に野良猫たちのことを同じように心配する理解ある女性の方が住んでおられるということで
心配な点はクリアできそうな状況でした。

その方から先月末に「なごやかキャットサポーター」になったと連絡をいただきました。
隣に住む女性の方は餌やりやTNRの際の捕獲の手伝いもすると言ってくださったそうで
心強いサポーター仲間ができ喜んでおられました。

ご近所の他の方々は「増えると困るのよね~」と口にしながらも
あまり気にする感じでもないそうですが、
見守ってくださればそれでいいかなとおっしゃっています。


人にはそれぞれの生活で関心事が多種多様にわかれ、
野良猫に対して関心が向く方はそう多くないかもしれません。
でもゼロではないのです。

外でばったり会う近所の方やお店の店員さんなど
生活のある一場面で出会う人と何かの拍子で猫の話になると
わりと野良猫をなんとかしたいと思ってらっしゃる方が多い気がします。

保健所は相談の窓口であるはずなのですが
初めて行くには行きづらい場所なのでしょうか。
「なごやかキャット推進事業」は行政が中心となって進めているものなので、
わからないことがあれば、まず保健所に聞きに行くことから始めてかまわないのです。

私は、まだ野良猫の殺処分ゼロを目指すことを目的とした
TNR活動、保護・譲渡活動をする団体の存在を全く知らない頃、
某団地の野良猫たちが多くて大変だという思いを伝えるために保健所に行った記憶があります。
「どうこうしたい」という具体的な行動案も何もありませんでした。
ただ、その頃から名古屋市の野良猫に対する政策や姿勢に関心は持っていました。

そこから始まった、小さな一歩。

なごやかキャット推進事業は
今年度は昨年度に比べ、一匹あたりの避妊・去勢手術補助額がアップし、
避妊・去勢手術費の申込者の負担はゼロです(だいたいの病院が補助額範囲内の手術代で設定しているから)。
  ※ 今年度の補助額:メス 30,000円  オス 15,000円 
ただ、ワクチンやエイズ・白血病ウイルス検査、ノミ・ダニ駆除薬、検便など
手術を行う際に同時に他の診療や検査、処方などをしてもらおうとなると
その代金がかかってきます。
それは申込者が各病院の設定額を確認して、払うことになります。

私は、避妊・去勢手術さえできれば、それでもかまわないと思います。
なぜなら、彼らはそれまで検査を受けたり、薬を飲んだりして生きてきたわけではないから。
検査を受けて、その結果に応じた対応がその後、彼らにできるなら(お金と時間ががあるなら)、
やってあげるに越したことはない。

ただ、手術を終えた野良猫の世話を続けるうち
ご飯だけ食べてはさっさと帰る猫たちや
不信感ありありの表情しか見せなかった猫たちが
なつっこい顔やしぐさを見せるようになるときがあります。
(もちろん、出会ったときからなつっこい猫もたくさんいます)

そんなとき、この子に里親を見つけてあげることができればと切に思うのです。



手術時にワクチンさえ打っておけば
ウイルス感染もしにくくなり、いずれ保護し里親さがしをすることもできますが
打ってなければ感染はしやすく、ゆえに命も短く終わることがほとんどでしょう。
ただし、ワクチンは絶対ではありません。
特に外の野良猫の場合は、健康に暮らすには厳しすぎる条件がそろっています。

ケガ、唾液、土壌などからのウイルス感染、
暑さ、寒さはそれをしのぐ手だてのない野良猫には、それ自体が命を落とす脅威となります。

幸運にも健康な状態のときに里親が見つかれば、その子の生活はその後一変するのです。




とにかく、相談に来られた方が
なごやかキャットサポーターとなり、TNRを進めていく
という方向にどんどん向かっていくのはとーーーーーっても嬉しいことです。


小さな一歩からでいいので
外にいる野良猫たちの命、生活のことを考えてくれる方の輪が広がることを願っています。


〈記事 へちま〉

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村





★なごやかキャットサポーターをご存知ですか?
 野良猫を減らしたいと思っている名古屋市民の皆様が
 市から助成を受けて取り組める制度があります。
 名古屋市が行っている「なごやかキャットサポーター」を活用しませんか。
 まずは当ブログ内の「なごやかキャットサポーター」の記事をご覧ください。

category: なごやかキャット

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://minatoneko2014.blog.fc2.com/tb.php/308-4831acf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Instagram

カレンダー

カテゴリ

カテゴリ2

メールフォーム

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

▲ Pagetop