みなと猫の会 ~こぴっと猫だより~ ホーム » なごやかキャット »こちらもサポーターさん誕生

こちらもサポーターさん誕生  

のら猫の不妊手術をしたいと思っていて
こちらで相談に乗ってくれると聞いたので。

と、ある地区の町内会長さんから連絡があった。

大まかな話を聞き、一度現地へ伺って状況を見て
詳しいお話をさせていただくことに。

翌日、保健所に連絡して一緒に現地へ行く日を決めた。


こういった相談を受けた場合、保健所にも知らせている。

サポーターになる・ならないにかかわらず、
その地区で苦情が入っていないか確認し、
保健所に最初に現地に同行してもらい一緒に話をする。

保健所も区内のことを把握しておくべきだし、
後で伝えるよりも一緒に見て聞いた方が状況も分かり易いし。



そこでは町内会長さんのご近所の方が 先に1頭、自費で
不妊手術を済ませていて 産まれた子猫4頭の里親さんも見つけ、
里親募集していたが貰い手が見つからなかった1頭は
諦めて飼い猫にしていた。

外猫用にトイレも既に設置してある。


捕獲に失敗して警戒され捕まらない猫、他に産まれてしまった
子猫3頭と母猫2頭、まず合計6頭の不妊手術をしていきたい、
他にオスがいるはずだが分からないとのこと。


保健所職員から なごやかキャットサポーターの説明をして、
町内会長さんとご近所の方、お二人にサポーター宣言を
してもらい、メスばかりなので早急に不妊手術を進めることに。

お二人のサポーターで合わせて10頭は補助が使える。


慣れた猫の捕獲や動物病院への予約から搬送、
できることは自分たちでやっていただく。

毎日 猫を見ているのはその方たちなので、
その方たちが主体となってやらなければ継続は難しい。

手順を伝え、できない部分を私達が可能な範囲でお手伝いする。

ここでは私のサポートなど ほとんど必要ないだろう。
やる気になれば誰にでもできる事だし。


先日、サポーター宣言して不妊手術を始めたそう。




捕獲、搬送、手術、保護、里親探し。
全てやってくれると身勝手な勘違いをする人もいるが、
仕事でもなければ義務でもない単なるボランティア。

なので、丸投げする人はお断りしている。
一生懸命やろうとしている人だからこそ、手伝おうという気にもなる。


どうしたいのか、そのために自分は何ができるか。
何もできないと言う前に、一度考えて欲しいと思う。




分からないと言っていたオス猫は事前に下見をし、
たぶんこの猫かと思うのは見つけた。

近くの会社の横で 餌をあげている人がいるようだ。
その辺りで5頭を確認した。

他にも近所の別のお宅の前にサビ猫と黒猫がいた。
その猫が飼い猫かどうかは分からないが。


予定の猫を手術した後で、そちらも確認して
取り掛からないといけないだろう。

保健所もこの地域で説明会をする際には来ますので、
と伝えていた。みまもり地域を目指して進めて欲しい。




もう一件、保健所の方に別の地区の町内会長さんからの
相談が入っているそうで、そっちはまだ返事待ちとのこと。

場所を聞いたら知っている地区だった。
最近行っていないが、毎年子猫が産まれていたところだ。

何年か前に別件で町内会長さんを訪ねた時、
動物関係のことは関心なさそうな印象だった。

やっと困ったのか、交代して違う会長さんなのか。
こちらも進んでくれるといいけど。


<記事 ちび太郎>


にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村





★なごやかキャットサポーターをご存知ですか?
 野良猫を減らしたいと思っている名古屋市民の皆様が
 市から助成を受けて取り組める制度があります。
 名古屋市が行っている「なごやかキャットサポーター」を活用しませんか。
 まずは当ブログ内の「なごやかキャットサポーター」の記事をご覧ください。

category: なごやかキャット

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://minatoneko2014.blog.fc2.com/tb.php/279-9ac257dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Instagram

カレンダー

カテゴリ

カテゴリ2

メールフォーム

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

▲ Pagetop