みなと猫の会 ~こぴっと猫だより~ ホーム » 里親様と出会えた猫 »シロ、家猫に!

シロ、家猫に!  

里親様募集中だった飼い主のいないシロ





事情があり、uzumakinecoさん宅で預かってもらっていたんだけど、
シロはうちの子に とのご連絡をいただきました。



昨年、大怪我をして動けずにいたところを見つけた餌やりさんに助けられ、
大がかりな手術と1ヶ月を超える入院の末、左足の膝が曲がらない後遺症が
残ったものの自力で排泄もできるし、それなりに走ることもできるまでに回復。

シロは私が餌やりしていたのではないし、退院当初 餌やりさん宅で預かって
里親探しをしていたのだけど、遠くのご実家の方が危篤で
1週間ほど留守にしなければならないと言うので、しばらくは
うちで預かることにした。

ちょうど譲渡会を予定していたこともあり、参加させた時に
シロと初対面のuzumakinecoさん。
何か惹かれるものは この時すでにあったらしい。



性格がすごく良くて、どんな猫とも仲良くできるし人間も大好き。

初めての譲渡会でもこの余裕。






うちにいた間もそうだったが、シロは本当にどの猫にも受け入れられるし
シロも受け入れる。

病気はないので慣れさせるための隔離期間は短くても、誰とでもすぐ仲良くできる子。





uzumakinecoさんは自宅の庭に流れて来た猫だけでもと、保護して不妊手術して
リリースせずに、時間をかけてでも馴れさせて1匹また1匹と根気よく里親さんを探す
ということを今までやって来られた方。

シロは人にまだまだ馴れていない猫ともすぐに打ち解けて、
一緒に人の傍に連れて来て人との距離を縮める架け橋のような存在なのだとか。

預けて間もなくuzumakineco家では “寝室の天使” と呼ばれていたらしい。



左膝が曲がらないシロだけど、階段もキャットタワーの最上段へも
器用に上り下りできるそう。
うちにいた時は寒い時期でもあり、ほとんどコタツの住人でしたが (^^ゞ

ハンデがあっても家の中での暮らしなら健康体の子と何等変わることなく
生活できる。

初めは私も狭いところなど、左足が引っ掛かってしまうのではないかと思っていた。

uzumakinecoさん宅で、家に入ってきた虫が猫しか入れない狭いところに逃げたのを
スルスル入り虫を捕まえて来たとか。上手に引っ掛からないようにできる様子。


シロが1つだけ不便なのは、後ろ足で首の辺りを掻けないこと。


こんな感じで立てた左足がフルフルするだけで掻けない。

気分は掻いている。

これを見つけたら左側の首の辺りを掻いてあげるくらいかな?




uzumakinecoさんは健康管理や病気の治療にしても、すごいなぁ…と感心するほど。
それこそ、痒いところに手が届く人だろう。

本当にいいの? と何度も聞いてしまったが、
うちには必要だから と。

よかったねシロ。
あちこち移動させて申し訳なかったけど、シロが選んだおうちで
強くて優しいお父さん・お母さんに見守られて、ずっと安心して暮らせるね。

「牡丹」って素敵な名前がシロの新しい名前だよ。


<記事 ちび太郎>


にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村





★なごやかキャットサポーターをご存知ですか?
 野良猫を減らしたいと思っている名古屋市民の皆様が
 市から助成を受けて取り組める制度があります。
 名古屋市が行っている「なごやかキャットサポーター」を活用しませんか。
 まずは当ブログ内の「なごやかキャットサポーター」の記事を
 ご覧ください。

category: 里親様と出会えた猫

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://minatoneko2014.blog.fc2.com/tb.php/259-d7dc9c41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Instagram

カレンダー

カテゴリ

カテゴリ2

メールフォーム

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

▲ Pagetop