みなと猫の会 ~こぴっと猫だより~ ホーム » 日々の記録 »「譲渡会に猫を参加させたいのですが…」

「譲渡会に猫を参加させたいのですが…」  

先日、身内の知人の奥様から相談がありました。
子猫を2匹保護したけれど家で飼えないので新しい飼い主を見つけたい、と。
できたら譲渡会にも参加したいとのことでした。

私がまずお願いしたのは

・ネットで里親募集をしてください。
 いつでも里親募集中ペットのおうちや各SNSなど
 現在は多種多様なインターネットによる募集方法があります。

・母猫がいるなら避妊手術をして下さい。
 秋の出産シーズン前には終わらせるようにしてください。

すぐにこの二つはやっていただくことを前提に、
譲渡会への参加をお願いしました。
その方が、譲渡会に参加するしないに
関わらず、やらなくてはいけないことだからです。

その他にも譲渡会参加の条件はいくつかあることも
お伝えしました。

数日たって返事がきました。
ネット募集はいくつかの募集サイトに載せたこと、
子猫を保護したとき、母猫は見当たらなかったので避妊手術が出来ず、
とのことでした。

またその方は現在、愛知県の北東部に住んでおられるため
私たちの譲渡会場までは相当な距離があります。
猫への負担を考えると自宅近隣の譲渡会に参加されたほうが
よいのでは、ともお伝えしました。
遠方でも参加したい、
とおっしゃるならぜひいらしてくださいとも申し上げましたが
まだ返事待ちです。

子猫の場合は、譲渡会に参加せずとも里親さんが見つかるのが
一番いいです。なかなかそういかないのが辛いところですが…。
車の移動によるストレス、知らない場所でのストレスによって
免疫力がぐっと低下してしまい、体調を崩しやすいのです。
ワクチン接種済みでも免疫力は安定していないので
体力低下はできるだけ避けたいのです。


どこの譲渡会でもたぶん参加条件というものがありますので
「団体や会のメンバーじゃないけど譲渡会に参加したい」という人は
必ずその譲渡会への条件を確認し遵守して参加なさってくださいね。

また、譲渡会場についても、
それぞれの団体さんや長年にわたり活動をされている方々が
施設の方、お店の方と何度も交渉をして信頼関係を築き、
それを基に場所をお借りしている場合が多いと思います。
ですので、その努力を無にしない為にも
会場の利用規約や注意事項は事前に確認しておく必要があります。

違反を犯して、参加するだけの人は「知らなかった」で済んでも、
借りている団体や会は、貸している側から
規約違反を理由に以降の場所提供を断られたら
それでおしまいです。
そして「猫の保護活動をしている団体は…」云々言われるようになってしまうのです。
もう自分の問題だけじゃなくなってしまいます。


6-11IMG_3133.jpg
円頓寺 ふれあい館さんいつもありがとうございます)



また、全ての団体さんが一般の参加者を受け入れているわけではないです。
時期的なもの、組織の規則、などさまざまな事情があると思います。
受け入れられない経緯や理由があってのことですので
「参加させろ!」と無理は仰らないでくださいね。(そんな人はいないと思いますが)


6-11IMG_2508.png
中部盲導犬協会さんいつもありがとうございます)



大都市のみならず地方の自治体でも
保護団体の譲渡会の開催場所として
公共施設を開放するところも増えてきました。
自治体と保護団体との協働開催も以前より見かけるようになっています。

ですが、名古屋市はその面では相当に遅れていると言わざるを得ません。
政令都市で譲渡会の定期協働開催をしていない、
公共施設を開放しない、というのは今となってはかなり珍しいと思います。
大阪の知人がびっくりしていました。

ぜひ、名古屋市には
各団体との譲渡会協働開催公共施設の開放
早急に進めていただきたいと思います!
よろしくお願いします。


<記事 つわこ>


にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村





★なごやかキャットサポーターをご存知ですか?
 野良猫を減らしたいと思っている名古屋市民の皆様が
 市から助成を受けて取り組める制度があります。
 名古屋市が行っている「なごやかキャットサポーター」を活用しませんか。
 まずは当ブログ内の「なごやかキャットサポーター」の記事を
 ご覧ください。


category: 日々の記録

tb: 0   cm: 2

コメント

Re: タイトルなし

ミー助 様

みなと猫の会です。
いつもコメントありがとうございます。

団体によって参加受け入れの条件は違うので
何とも申し上げられません。
仔猫の多い時期で会場に余裕がなかったとか、
多頭崩壊等の不測の事態で超多頭の受け入れがあったとか、
ワクチン接種が条件であるとか、
単純に会場が小さくてスペースがないとか、
いろいろと考えられます。

断られた理由をきちんと聞いて
どうしてダメだったかを自分なりに考察して
次のチャンスに再チャレンジしたほうが
気持ちも前向きになれます。

いっそご自分で譲渡会を主催されるのもいいかもしれません。
個人でされている方もいらっしゃいます。

minatoneko2014 #- | URL
2015/06/13 22:37 | edit

近くの方で避妊去勢済み、虫駆除済み、エイズ白血病➖の猫を里親会に参加させられない経緯や理由があるとしたら…その団体側の保護猫が溢れかえっているからですか?
断られた猫にあったかもしれない里親さんとの出会いを人間の理由で逃してしまうようで悲しいです。

ミー助 #pt67g6gE | URL
2015/06/13 20:40 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://minatoneko2014.blog.fc2.com/tb.php/253-c12174ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Instagram

カレンダー

カテゴリ

カテゴリ2

メールフォーム

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

▲ Pagetop