みなと猫の会 ~こぴっと猫だより~ ホーム » 日々の記録 »猫の手を借りました

猫の手を借りました  

なんだか慌ただしくて
ブログの記事も毎日更新できていません。
もうしわけないです。

猫の手も借りたいほど忙しい日々です。
ですので、借りました。猫の手を。

以下は肉球マニアだけが得をする写真の羅列となっています。



げっくん(オス 3才)の手を借りました

5-21IMG_2809.jpg

5-21IMG_2620.jpg

5-21IMG_2807.jpg



チリちゃん(メス 4才)の手も借りました

5-21IMG_2588.jpg

5-21IMG_2584.jpg



のらくろくん(オス 3才)も貸してくれました

5-21IMG_2602.jpg

5-21IMG_2608.jpg



チョビ(メス 4才)は足を貸してくれました

5-21IMG_2562.jpg



それ以外の猫たちもたくさん貸してくれました

5-21IMG_2548.jpg

5-21IMG_2546.jpg

5-21IMG_2544.jpg

5-21IMG_2554.jpg

5-21IMG_2552.jpg



こんなにたくさん猫の手を借りたのに、
やることがちっとも減りません。
おかしいです。猫の手がまだ足りないんでしょうか?



肉球はとってもデリケートで大事な器官ですから
私は臭いを嗅ぐ程度にして
あまり触らないようにしています。
そもそも我が家の猫たちのほどんどは
肉球を触ろうとすると
嫌がって拒否します。
黙って触らせる猫もいますが
「早く終われ」「まだ触るのか、いい加減にしてくれ」という
不快感丸出しの態度を隠そうともしません。



肉球は

・体温調節をする
・とても敏感で優秀な情報収集のためのセンサー
・舌が届かない体の部位を肉球を使ってきれいにする
・高いところからのジャンプによる衝撃を吸収するクッション
・滑りやすいところでのブレーキの役目

など、いろんな役割があります。


また、肉球は怪我をすると非常に治りにくいところでもあるそうです。

・脂肪が多く血管が少ないため、肉が戻るのに時間がかかる
・猫が傷口をなめやすい部位である
・肉球のある手足の裏には体重がかかるため

などが理由のようです。

もしも肉球に怪我をした場合、
猫が傷口をなめないようにエリザベスカラーに細工をしたり、
外用薬から内服薬メインにしてもらうようにするなどが
必要かもしれません。



これからも愛すべき肉球を見守り続けていきます。
でも時々は肉球をクンクンさせてもらって幸せを分けてもらおうと思います。



〈記事 つわこ〉


にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村




★なごやかキャットサポーターをご存知ですか?
 野良猫を減らしたいと思っている名古屋市民の皆様が
 市から助成を受けて取り組める制度があります。
 名古屋市が行っている「なごやかキャットサポーター」を活用しませんか。
 まずは当ブログ内の「なごやかキャットサポーター」の記事を
 ご覧ください。


category: 日々の記録

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://minatoneko2014.blog.fc2.com/tb.php/231-bf2332fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Instagram

カレンダー

カテゴリ

カテゴリ2

メールフォーム

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

▲ Pagetop