みなと猫の会 ~こぴっと猫だより~ ホーム » 日々の記録 »猫と遊ぶ。

猫と遊ぶ。  

遊びと言っても
猫じゃらしを使ったり、かくれんぼしたり、追いかけっこしたり
段ボールや紙袋を使ったりなどで別段変わったことはしていません。
ただ、頭数が頭数だけに
人間にとってもなかなかの運動量になります。
そのわりに私はちっとも痩せないんですけども。

また、「猫との遊びについて?そんなお気楽なコトをわざわざ書くのか」
と思われるかもしれませんが
これが結構大事なことなんじゃないかと感じています。

IMG_21573.jpg


猫と遊ぶことについて

1.猫のストレス解消

2.運動

3.人間とのコミュニケーション

という3つの要素が大まかにあると私は考えています。


1.ストレス解消
 猫にはストレスが一因となって発病する疾病もあります。
 また、過去に罹った病気が、
 完治後に何らかのストレスで再発したりする場合もあります。
 要は、免疫力が低下するのですね。
 ですから、存外にストレスというのは
 軽く考えてはいけないと思っています。

IMG_21651.jpg

ブラッシングもストレス軽減には有効ですね


2.運動
 猫の肥満は他の生き物同様、内臓や骨に負担をかけます。
 「いつものとおり」を好む習性が猫にはあるので
 そこに「体を動かす時間」を入れてしまいます。
 日常的に「動くクセ」をつけるよう心がけています。

IMG_20986.jpg

「運動とかダルいしー」という顔をしている
我が家でいちばんのおデブ猫 へちゃこ メス3~4才くらい


3.人間とのコミュニケーション
 これが一番大事でいちばん難しいことだと思います。
 遊びを通して、
 猫が好きなこと、好きなもの、苦手なこと、苦手なもの
 を伝えてくる時があるので、
 それを見逃さないようにしています。
 名前を呼び、褒めたり叱ったりします。
 手を噛んだりしたら「痛い!」と声を荒げて猫に伝えます。
 外で生きてきた猫が、
 人間と共に暮らせるようになる為に必要なものは
 食事や寝床や猫トイレ以外にもありますよね。

IMG_21405.jpg

遊び疲れたんでしょうか 熟睡しています


猫の年齢にもよるでしょうが
やはり3~4歳までは遊びも激しく
こちらが息切れすることもあります。
5歳以上になると、あまり相手をしてくれません。
「フーン」と横目でチラ見されて終わりなんてことも。
何だか一抹の寂しさを感じます。

IMG_19883.jpg

遊びたいのを我慢しているチャバ メス 4才くらい



真面目にあれこれ書きましたが
よくよく考えると
私が猫たちに遊んでもらっているだけのような気もしてきました。



〈記事 つわこ〉


category: 日々の記録

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

Instagram

カレンダー

カテゴリ

カテゴリ2

メールフォーム

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

▲ Pagetop