みなと猫の会 ~こぴっと猫だより~ ホーム » 日々の記録 »猫はミラクル

猫はミラクル  

「猫はミラクル」

知人が通っていた動物病院の獣医師が仰っていたのだとか。

猫は血液検査などの数値を見る限り、よく生きていられるな ということもあるのだそう。
犬の体調は大体 数値通り らしい。




うちの子のことで恐縮ですが…


「もずく」  ♀  年齢不詳



この子は2003年の年末に茶トラの「いくら」と2匹で駐車場の隅っこで震えていた。

2匹とも2kgを切るくらい痩せていて、もずくは涙と目やにがひどく両目がくっつきかけていて
鼻水が固まり鼻も塞がってるんじゃないの?というほどだった。



すでに慢性化していて鼻水、目やには色んな薬を使っても治らない。

毎日 何度も顔を拭いている。



見つけた時すでに歯茎が所々赤かったし歯石もそれなりに付いていたので、そこそこ年かなと。
うちに来て11年は経つので、もしかしたら20歳いってるかも?

保護してから徐々に抜けていた歯も、顎の下のリンパ節がパンパンに腫れ
抗生剤を使っても効かず、全抜歯で少し落ち着いている。

全抜歯と言っても犬歯だけは手術途中で不整脈が出たので、「怖いからやめます」
と、残されたままだが。

歯が無くてもドライフードも丸飲みして食べている。
缶詰などウエットフードも大好き。上手に食べられるようだ。

高齢猫用のフードは小粒だし、普通に食べていた。
食べるのが少ない量でもそれなりにカロリーが摂れる高カロリーのものだが
少しずつ痩せてきていて今は2.5kgほど。
小ぶりな子だが、生後半年くらいの子猫の体重に近い。


以前から 下痢気味になったり次の日には治ったりと若干 不安定ではあったのだが、
それがこのところ、缶詰を食べると必ずビチビチ。
傍について勧めれば少しずつは食べるものの、食欲も落ちてきて何となく元気がない。


うーん、病院行こうか。
と、先日受診し血液検査もしてみた。

軽い脱水はあったものの、他は検査の結果は特に異常はなかった。
ちょっとびっくり。
それなりにお年寄りだし、どこか悪くても不思議じゃないと思っていたので。


先生曰く、何となく元気がないというような時、膵炎も考えられるとか。

膵炎は経験がなく知らなかったが、これという特徴的な症状がないらしい。
嘔吐も黄疸もない。
役に立つ動物の病気の情報~獣医学も参考にさせていただきました。




一度点滴してみましょう。

とりあえず特別な検査はぜずに 点滴をして整腸剤を処方してもらい帰ったのだが、
その日の夕方から元気にごはんも食べた。

2週間経つが、今もごはんの時はみんなと一緒になって催促に来て食べている。



通常、動物病院で15分程待って結果が出る生化学と言われる血液検査ではなく、
外注で検査機関に送って調べる血液検査が診断に有効との事。
Spec fPL(猫膵特異的リパーゼ)検査

まだ確定ではないのだが、繰り返すようならこの検査をしてみようと思う。



猫はミラクルが起こることもあるかも知れないが、逆に数値がよくても
安心しきれない部分もあるということか。

検査の結果はもちろん参考になるが、普段ずっと見ているのは飼い主。
何だかよく分からなくても、 あれ? と思う時は大抵何か異常があったりする。

私もただの一飼い主。
ちゃんと見てあげられる頭数にしておかなきゃね。


<記事 ちび太郎>


category: 日々の記録

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

Instagram

カレンダー

カテゴリ

カテゴリ2

メールフォーム

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

▲ Pagetop