みなと猫の会 ~こぴっと猫だより~ ホーム » 日々の記録 »風ちゃん 眼球摘出

風ちゃん 眼球摘出  

片目が潰れた状態で捨てられていた風ちゃん。

元々、TNRするつもりだったが リリースせずに家に置き、里親さんを探している。




捨てられた時、しばらく様子を見ていたら案の定 他の猫に追われ
仲間には入れてもらえず、ひとりポツンと木の下にいることが多かったが、
寒くなってきたからか、住宅地の方へと行くようになった。

以前、話を伺って 猫が敷地に入ってきて迷惑していると仰っていたお宅へ
入って行くのを見た。それもあってリリースに迷った。



潰れた左目の眼球は、捨てられていた時にはすでに委縮していた。
涙腺は生きているので、時々涙や目やにが出るものの そんなにひどくはなく
不妊手術の際、眼球摘出は見送った。


目やにで頻繁に固まってしまうとか、涙がダラダラ出続けるほどでもなく
2~3日に1回くらい目の周りを拭く程度。
本人もあまり気にしてはいない様子。

 


湯たんぽを枕にのんびりお昼寝





見た目はまぁ…可哀相なんだが、片目がどうでも風ちゃんは風ちゃん。
わりとすぐ見慣れるものだ。


うちの子としてずっといるつもりなら、
この程度のままなら、私は眼球摘出はしなかったかも知れない。


ダンナにはこのままの目がとても可哀相に見えるらしく、手術してあげたら と 言っていた。

わざわざ手術する方が可哀相だと仰った獣医師もいて
意見は様々、ケースバイケースなのだろうが
しておいた方が里親さんになる方も後々安心かも。 で、結局 手術することに。



退院してきた風ちゃん。

治るまで一時的なものだが、この術後の方が痛々しく見える。



ネットで見ていると、術後に腫れてきたりする場合もあるようだが
アイちゃんの時も、気にして目を掻いてしまうことも、腫れることもなかった。


2泊入院して病院で様子を診てもらっているし、今のところ目を気にして引っ掻くこともない。

引っ掻いてしまうようならエリザベスカラーを着けるように言われているが、大丈夫そうだ。
5日間、抗生剤を朝晩飲ませて10日~2週間後に抜糸の予定。



他の子が残したごはんを全て食べ尽くす、あの バキュームな風ちゃんが
入院中はごはんを食べなかったほどショックだったらしい。

疲れて退院した日はずっと寝ていたが、夜遅くになってごはんを食べ始めた。


がんばったね。

片目を失ったのも、捨てられたのも、余計な手術も、
人間の勝手な都合ばかりでごめんね。


<記事 ちび太郎>


category: 日々の記録

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

Instagram

カレンダー

カテゴリ

カテゴリ2

メールフォーム

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

▲ Pagetop