みなと猫の会 ~こぴっと猫だより~ ホーム » 日々の記録 »餌やり禁止条例について

餌やり禁止条例について  

コメントにこの条例の制定に賛成とのご意見をいただきました。
長くなりそうなのでこちらから。


個人的な意見ですが、私は餌やりをしたいのではありません。
終わらせたいのです。


餌を与えなければ飢えてゴミを漁ったり、食べ物を探して家に侵入することにもなるでしょう。
仰っている「野良猫の適正数」というのがどれ程か分かりませんが、
いずれは野良猫が1匹もいなくなるようになって欲しいと思っています。


餌を与えず広範囲に散ったとしても、猫がいるのなら自然の摂理で生まれます。
餌を与えるから増えるのではなく、不妊手術をしないから増えるのです。

「適正数」であった時代があったのかも知れません。
猫は外に出すもの、不妊手術なんて不自然、猫は自然でいい、お金はかけたくない…

一方で、買う人がいるから繁殖業者はどんどん産ませて、売れ残れば処分したり捨てたり。
安易に産ませて安易に買って安易に捨てる、洋猫混じりの野良猫も増えていることからもお分かりでしょう。

法律で罰則があっても遺棄は後を絶ちません。
そうして行政も、市民も放置してきたからこれだけ増えたのでしょう。

繁殖業者、ペットショップ、いい加減な飼い主の規制をして野良猫を生み出す蛇口を止める方が
先ではありませんか?

その上でまちねこ活動支援をもっと広めること、活動をしやすい環境を作るのが
行政の役割なのではないでしょうか。


餌やりを条例で罰則付きで制定することで「餌やりは犯罪」と印象付けられることでしょう。

餌やりを禁止して一時的にやめる人も中にはいるのかも知れません。
でも、ほとんどはやめることはないと思います。
こっそり、見つからないように、パパッとばら撒いて行くような人が増えれば
苦情が増えるだけでしょう。

きちんと餌を与えることでその辺りにいる猫を把握し、不妊手術を施し、
人に慣れて飼ってもらえそうな猫は里親さんを探す。
そういうこともできなくなります。
把握ができなければ管理もできないということになります。


ねりまねこさんの
餌やり禁止条例は効果あり?
再度パブコメのお願い

その中のねこかつさんの荒川区の餌やり禁止条例が埼玉まで及んだお話も参考になります。
京都市のノラ猫餌やり禁止条例に関しまして。


ねりまねこさんのブログで紹介されていた猫とワインさん
東京の荒川区で餌やりを禁止した条例を制定した5年後のレポートです。

一部抜粋~
 しかし、地域猫を育てられる区域は、区全域の2割程度にとどまり、地域猫を知らない人から
「餌やり条例違反では」との苦情も後を絶たない。区は「住宅密集地が広がる区内では、区民の
理解がなければ飼い主のいない猫を管理しきれない」と懸念する。




「まちねこ」には餌やりをすることはよくて、まちねこ以外の猫に餌やりをすると条例違反。
まちねこ認定された猫かどうかを、どのように京都市や市民が見分けるのかは知りません。
それほどまちねこは浸透しているのでしょうか?

そうでないなら、「まちねこ」を進めようとする地域での猫の把握が難しくなること、
理解を得られにくくなり、苦情を減らすどころか住民の対立を招くことになりかねません。
それが京都市以外のほかの地域でも助長されることにもなります。


京都市民の方も困惑されているよう。
大切なシッポ達


「京都市動物による迷惑の防止に関する条例(仮称)」の
制定に係る意見募集について

ご意見はこちらから↓
https://sc.city.kyoto.lg.jp/multiform/multiform.php?form_id=1572

明日、1月14日まで。 

まだ間に合います。
皆さんも是非、ご意見を送ってください。

<記事 ちび太郎>


category: 日々の記録

tb: --   cm: 6

コメント

Re: タイトルなし

名無しの嘆き様

コメントありがとうございます。

>要するに自分たちさえ良ければいいという考えが蔓延

仰る通りだと私も感じます。
人間間にさえ相手の気持ちを考えない人も多くなった気がします。
うるさい、迷惑だと人間の子供達ですら言われますよね。
自分達もそういう子供だったはずなのに。

京都市の条例は曖昧だった何が不適切かについては条例が施行される7月までに決める
とのことでしたが、どうなったのかまだ見ていません。

minatoneko2014 #- | URL
2015/07/03 07:27 | edit

人間っていつ頃からこんなに傲慢になったんだろう。すべての命の値打ちを決めて良い神なのか?相手の気持ちを考えるというのは人間間だけのことなのか?私は自然界から見るとすべての命は平等と感じるけどね。要するに自分たちさえ良ければいいという考えが蔓延した結果か。昔、私の幼い頃はもっと犬も猫も自由だったように見えた。日本は昔から動物愛護後進国だと世界から言われてきたが、最早日本人に命の大切さを語る資格はないな。より良い共存を考えるべきでは?もし人間より優れた生物が出てきて自分たちが生存権を相手に決められたら?近年、日本は本当に潤いのない思いやりのない国に成り果てたとつくづく感じる昨今だ。想像力の欠如だな。嫌な世界だ。

名無しの嘆き #1wMTiOf6 | URL
2015/06/27 20:58 | edit

>地域猫といった方策以外で
不幸なノラ猫が減り、殺処分数が減るメソッドを

京都の条例にもありますが、自ら飼育するか新しい飼い主を探すことが原則です。

地域猫は最後の手段です。

無責任な餌やりが行われていないことが前提の活動であることはいうまでもありません。

正しい地域猫活動へのご理解とご協力をお願いします。

地域猫推進派 #- | URL
2015/04/04 08:33 | edit

Re: タイトルなし

地域猫推進派 様

みなと猫の会です。
いくつかの記事へのコメントありがとうございます。

各コメントに返信すると内容が重複するので
最後に頂いたコメントであるこちらにまとめてさせていただきます。

私たちは今後も猫と人の住環境改善のために、
殺処分減数のために
TNRや正しい地域猫管理の実践を含む活動を続けていきます。
そして無責任な餌やりや飼い主を増やさないように
今まで通り、現場で、譲渡会で、イベント等で
話し合いを続けていきます。

役所で、保健所で、遺棄現場で、地域猫のエリアで、
人と猫に関わり、様々な出来事を体験なさっていれば
よくお分かりだと思いますが、
結局はヒトの問題に行き着くと認識せざるをません。
一番難しいですが
「猫と違い、相手は人間で言葉は通じるのだから」と
(たまに通じない相手もいますが)諦めずに交渉するしかありません。

無責任な猫との関わり合い方をする者が迷惑をかけるのは
猫が好きな人、嫌いな人、無関心な人、と相手を選びません。
他人事ではない、ということも併せて声にしていきたいと
考えています。これは主に役所関係になりますが。


また、
もしも仰るようにTNRや地域猫といった方策以外で
不幸なノラ猫が減り、殺処分数が減るメソッドを
ご存じならば、構想をお持ちなら、またすでに実践しているならば
ぜひ教えていただきたいですし、
私たちも今後の参考にさせていただきたいです。

ご自身でブログなどを始めて今までの経験談や啓発、実践方法などの
記録を公開されてはいかがでしょうか。
条例への賛成意見を地域猫を実践している側として
まとめられてもいいと思います。
そういった立場からの考えを聞きたい方もたくさんいらっしゃるでしょう。
こちらのコメント欄で意見を仰るよりも
はるかに多くの方が
目に留め、耳を傾けられるとも思います。

活動方針やプロセスは違っても
殺処分以外で不幸な猫を減らしたい、という考えは同じとお見受けしました。

貴重なご意見をありがとうございました。

minatoneko2014 #- | URL
2015/03/26 14:53 | edit

>法律で罰則があっても遺棄は後を絶ちません

罰則が無ければ遺棄はもっと多いでしょう

>繁殖業者、ペットショップ、いい加減な飼い主の規制をして野良猫を生み出す蛇口を止める方が先

パピーミルや安易な販売手法は野良猫問題とは別次元の問題です。

蛇口を云々~というのも間違いです。

「自動車を作る限り交通事故は無くならない」と言っているのと同じです。


屋外飼育と無責任な餌やりが野良猫問題の根本的な原因だということをしっかり理解して下さい。

>まちねこ活動支援をもっと広めること、活動をしやすい環境を作るのが行政の役割

無責任な餌やりが地域猫活動を阻害しないために条例が策定されたのです。

>餌やりを条例で罰則付きで制定することで「餌やりは犯罪」と印象付けられることでしょう。

不幸な命を次々と産み出す無責任な餌やりは批判されて当然です。

地域猫活動は無責任な餌やりと区別できるように運用されてますので心配には及びません。


>でも、ほとんどはやめることはないと思います。
こっそり、見つからないように、パパッとばら撒いて行くような人が増えれば
苦情が増えるだけでしょう。


そういう人がいるから罰則が必要なのです。

罰則が無意味だというロジックならそれも間違いです。

保健所が引き取り拒否をしても捨て猫が増えるから無意味と言っているのと同じです。

地域猫推進派 #- | URL
2015/03/26 01:19 | edit

賛成意見出しました。

初めまして。
賛成意見出した者です。

>餌を与えなければ飢えてゴミを漁ったり、食べ物を探して家に侵入することにもなるでしょう。

それが全く誰の世話にもなっていない、完全な野良猫によるものだったら、腹立ちながらも諦めがつきます。
世話した者が猫の迷惑に対して謝罪も弁償もしない。
そんな状況だったら、何もしないでもらった方がマシです。

>餌を与えず広範囲に散ったとしても、猫がいるのなら自然の摂理で生まれます。
>餌を与えるから増えるのではなく、不妊手術をしないから増えるのです。

自然の摂理といっても、広範囲に散れば密度が減る分、接触の確率だって減ります。
餌だって、供給量が減ればそれだけ体力も繁殖力も落ちます。

>繁殖業者、ペットショップ、いい加減な飼い主

論点すり替えです。
それらについては、別の機会に問われるべきとは思いますが、問題視されてるのは、そこでは無いはず。

>餌やりを条例で罰則付きで制定することで「餌やりは犯罪」と印象付けられることでしょう。

条例がなかったら、野放図で無秩序、無節操、無責任な餌やりに歯止めが掛からなくなります。ねりまねこさんの所にも「条例案支持」する人からのメールが届いてたそうで、その人曰く「無責任な餌やりを禁じる法律・条例がないために保健所の訪問指導に応じないケースも多い」との事。
何らかの歯止めは必要な筈なのに、それに反対するって事は「餌やりは無責任であるべし」と言ってる様なものです。

条例の骨子案を再度読み直しても、あくまで「無責任な餌やり禁止」であって、「全面禁止」とは読めません。
http://www.city.kyoto.lg.jp/hokenfukushi/page/0000173377.html
http://www.city.kyoto.lg.jp/hokenfukushi/page/0000176030.html

少しでも規制されれば全面的に餌やりできなくなるって人間は、餌やり出来なくて構いません。
そういう人は「餌やりしてはいけない」人物だって事。
(餌やりを)していい人と、してはいけない人との篩い分けと割り切れば、こういう条例もアリでしょう。

オキキリムイ #ZJmJft5I | URL
2015/01/18 12:54 | edit

コメントの投稿

Secret

プロフィール

Instagram

カレンダー

カテゴリ

カテゴリ2

メールフォーム

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

▲ Pagetop