FC2ブログ
みなと猫の会 ~こぴっと猫だより~ ホーム »2016年09月23日
2016年09月の記事一覧

ミケコの健診   

昨日保護した大人の三毛猫。
名前はミケコ。

今日、病院へ連れて行き仮名でもよいのでと言われてとっさに「ミケコ」となった。

昨晩の便よりいい状態の便を朝、食後にしてくれたのでそれを持参。


【診察の結果】

体重     2.8キログラム
体温     38度7分
検便     卵いない、虫もいない(;゜0゜) →ちょっと意外でした
外耳      きれい(昨夜拭いたから)、マダニいない
体皮     ノミの糞あり


ここまではまぁまぁ。


その後、
お口チェック  歯が1本も無し…え~((((;゚Д゚)))))))
        保護した時点で歯が1本も無い子、初めてだ~!!!
          

これでひととおり診てもらったかなというころ。

ふと、診察台に乗せるために両前足を抱えたときに
ちらりと見えたお腹の皮膚が気になったことを思い出した。

「先生、そういえばお腹も見ていただけますか?」

先生は体の節々のリンパが腫れていないかは触ってチェックしていたものの
お腹を見ていなかった。

ミケコをバンザイポーズさせて先生にお腹を見せると
先生が「おっ!これは!」と驚きの表情。

私もすぐさま見たら
な、なんと片方の脇腹、やや下あたりに大きなカタマリが。
こんなにも大きなカタマリは
自分の実のおじいちゃんの脇腹にできたカタマリを見て以来
おじいちゃんは92才くらいで亡くなりました。

シコリというにはデカすぎたのであえてカタマリと書かせていただきましたが
縦4.5㎝×横2㎝×厚さ2.5㎝ というサイズでした。

先生曰く、猫のこのようなカタマリはほとんどが悪性腫瘍だとか。
犬は50パーセントの確率で悪性らしい。

そして猫はその悪性腫瘍が体内に遠隔転移し、
犬は50パーセントの悪性腫瘍のうちまたその50パーセントが遠隔転移するとのこと。

※このカタマリが悪性か良性かを検査するには二つの方法がある。
 ①細胞診
 ②病理検査(=手術)

どうするかはまだ決められない。


外見から年はある程度重ねているだろうと予測はできたが
歯が1本もナシ、脇腹に大きなカタマリ…。
このカタマリが悪性腫瘍でない可能性もなきにしもあらずだが
いろいろ大変だぞっと思ってしまった。

診察台に上がって先生や私に触られていると
またゴロゴロゴロ…。

便に虫も卵も見られませんでしたが
念のため駆虫薬(錠剤)をその場で口に投薬。
その際も「いい子ですね~」とお褒めの言葉をいただく。


うちに帰ってから
猫風邪の粉薬を水で溶いてシリンジで与えたときも
目と鼻に点眼、点鼻をしたときも
暴れることなく、抵抗なく、
薬を体内に取り込んでくれた。

「いい子や」

ミケコ食事中


ミケコ、これからどう生きていこうかね?

とりあえず
食欲はモリモリあるので、たくさん食べていただき、
体重をちょっとずつ増やそうか。

そして
天気のよいあったかい日に体を洗おうか。

そしたらもっともっとべっぴんさんになるよ。


*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *


明後日、25日(日)は譲渡会です!!

会場 名古屋市港区寛政町3-41-1
    あおなみ線「荒子川公園」駅下車徒歩3分
    中部盲導犬協会

時間 13時~15時

た~くさんの子猫、大人猫が待ってます(´∀`*)

ちょこ2

ちょこくん(♂ もうすぐ3ヶ月)も参加しますよ(´∀`*)


予約は要りません、見学自由です!
お気軽にいらしくてくださいね!



〈記事 へちま〉



にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村





★なごやかキャットサポーターをご存知ですか?
 野良猫を減らしたいと思っている名古屋市民の皆様が
 市から助成を受けて取り組める制度があります。
 名古屋市が行っている「なごやかキャットサポーター」を活用しませんか。
 まずは当ブログ内の「なごやかキャットサポーター」の記事をご覧ください。

category: 日々の記録

tb: 0   cm: 0

雨に濡れる猫たちの事情  

今年は夏が短かった…ような。

そして、

秋に入っても雨が多い。

外の猫たちには

やっと過ごしやすい季節が来たと思っていても

なかなか心穏やかになれるポカポカ天気の日に恵まれませんね。



そんな中、

昨日、どしゃぶりの雨の中にいる猫を保護。

捕獲器いらずの穏やかな大人の三毛猫さんでした。




家で簡易ケージを組み立て

その中に入れても

シャーもフーも言わず。

ご飯を少し食べた後、耳掃除までさせてくれました。

耳掃除をしている最中、

ゴロゴロゴロ…。

気持ちいいよって顔をして

安心してくれました。





濡れた毛はキッチンペーパーとタオルでふきとるしかなかったけど

湯たんぽを置いたので

外にいるよりはずっと心地よくあったかいはずです。


雨に濡れても外にいなくてはならない

この猫の事情は。

想像をめぐらせればいろんなことが考えられます。


ひとついえるのは、雨に濡れたこの猫の体を休ませる場所を

外から室内に変えないと

冷え込む夜から朝の間に命が消えてしまうかもしれないということ。



今日は病院へ連れていかないと。


〈記事 へちま〉

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村





★なごやかキャットサポーターをご存知ですか?
 野良猫を減らしたいと思っている名古屋市民の皆様が
 市から助成を受けて取り組める制度があります。
 名古屋市が行っている「なごやかキャットサポーター」を活用しませんか。
 まずは当ブログ内の「なごやかキャットサポーター」の記事をご覧ください。


category: 日々の記録

tb: 0   cm: 0

プロフィール

Instagram

twitter

カレンダー

カテゴリ

カテゴリ2

メールフォーム

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

▲ Pagetop