みなと猫の会 ~こぴっと猫だより~ ホーム »なごやかキャット
カテゴリー「なごやかキャット」の記事一覧

保健所職員の対応  

北区のホームセンターで
大量の猫えさと猫砂をお買い物中のYさん (゚∀゚)

自費で自宅周辺や近くの公園の
TNRをしているという方に声をかけられた。


Yさんは西区でサポーターをしているので、
なごやかキャットという事業があって
申請してサポーターになれば
手術費の助成が受けられますよ

と、教えてあげると早速その方は
北保健所に申請に行ったそう。




IMG_0195-480.jpg




その後、Yさんに電話があり
こんなに難しいならとても無理
と申請できずに帰って来たと言うので
Yさんと私も同行して再び北保健所に行ってきた。




このなごやかキャットサポーターは
基本、自宅周辺の野良猫のTNRをして
手術した猫を見守っていくというもの。





誰も何もしなければ
野良猫は繁殖を繰り返し増える。



IMG_3791-480.jpg




迷惑と思っている人にとっても
猫が増えることは望ましいことではない。





そこで、
ボランティアとしてやってもいいよ!
ルールを守ってやっていきますよ!
と、手をあげて野良猫を減らす活動を
してくれているのがサポーターさんたち。







サポーターになりたいという方は
餌やりをしていた方ばかりではない。




IMG_3798-480.jpg




可哀想な子猫を見たくない

何とかしたいけどどうしたら…

猫は嫌いじゃないけど無責任な餌やりは嫌い
だから自分でやる

猫好きではないけど話を聞いて協力できることがあるなら



そうしてサポーターになってくれる方も。



名古屋市は政令市で1位2位を争う
殺処分数ワースト市だったので、
大半を占める生後間もない子猫の
殺処分を減らすための市の事業でもあり、
それを担うのは市民ボランティア。


でも、肝心の手術費用が自費では
なかなか進まない。



そこで野良猫の手術費用の助成の
金額も上がり勧めやすくはなった。






なんだけど、
名古屋市の制度はどこにいようと同じはずの
野良猫の手術の助成を受けられるのは住宅地のみ。

公園は対象外。
公共の場所も
大きな工場や会社、
大学などの構内も対象外。




自宅周辺でも保健所に申請に行くと
同じ名古屋市の事業の対応が
区によって少しずつ違うというのは聞いていた。



北保健所の説明では、
サポーターになるにはまず

自宅から大体半径50mの円の範囲(猫の行動範囲)
の家を一軒一軒訪問し、こういう活動を
始めたいと合意を得ることが必須。



例えば、何百戸あるマンションや団地が
範囲内にあれば、そこも含む全てのお宅を回り
対面で話をして合意を得る。

そうして申請書を提出した後、
保健所職員がランダムに訪問し確認。

一軒でも話を聞いていないとか
ダメと言われたらサポーターにはなれないと。




皆さん仕事や家事をしながらのボランティア。


何十軒から何百軒ものお宅訪問しても
時間帯が合わず会えない場合は
時間を変えて何度も?

それで最後の一軒でダメと言われたらダメ。
回覧板やチラシを配るだけではNG。

必ず一軒一軒訪問して直接話をして
全てのお宅の許可を得てから。



これはガイドラインにも書かれていないし、
他の区の保健所職員も聞いたことないと言う。


環境省も合意というのは修正し
それを受けて愛知県も改正している。




もちろん、周辺や町内の全てのお宅が
理解して協力してくれるに越したことはない。



しかし、一個人で始めるのにハードルが高すぎる。



手術してくれるのはいいけど
ここに戻さないでどこかよそで放して
※遺棄になり犯罪です

余計なことしないで放っておけば
どこかへ行くから

野良猫はどうせ長生きできないのに
手術なんてする方が可哀想

耳カットなんかするな!


などなど…話をしても
いろんな住民、いろんな餌やりが
今までにもいた。




IMG_0612-480.jpg





サポーターとして(助成を受ける)ではなく
(自費で)勝手にやるのは構わないですよ。

そうも言ってた北保健所の職員





「住民に説明して理解してもらう」
それこそ保健所職員がする仕事なんじゃないの?


いやいや、
それはサポーターになる人がすること。
説明に同行することもできません。



この職員が前にいたという熱田区では
サポーターさんは0だという。

そうだろうね。



北保健所に2年いるというこの職員。
その上司という職員も加わって同じことを言う。





今、本庁の回答待ち。


この条件で北区でサポーターになれた方いるのかな?


<記事 ちび太郎>


にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村





★なごやかキャットサポーターをご存知ですか?
 野良猫を減らしたいと思っている名古屋市民の皆様が
 市から助成を受けて取り組める制度があります。
 名古屋市が行っている「なごやかキャットサポーター」を活用しませんか。
 まずは当ブログ内の「なごやかキャットサポーター」の記事を
 ご覧ください。

category: なごやかキャット

tb: 0   cm: 2

中川区にみまもり地域  

中川区の方からの相談。


近所の猫がどんどん子供を産んで困っているという。




野良猫が産み落としたらしい生後1日の子猫
3匹を保護したものの、獣医さんに一週間が勝負
と言われた通り全頭死んでしまった。


その後、別の猫から産まれた子猫を引き取り
自費で母猫の避妊手術もしてくださっている。


猫は好きで愛護センターから譲り受けた子と
野良だった子を飼っていて、また現れた
目が潰れた子猫も2匹保護して飼ってくださっている。


ネズミ捕りの粘着テープがべったり付いた
子猫も助けてくださった。


よく見かけるのは5匹。
他にもいて10匹くらいはいる様子。




「せめて、家の周りだけでも
可哀想な猫を1匹でも減らしたい」

「でも、どうすればいいのか…」


なごやかキャットサポーターの申請も
ネットで調べたものの、不安もあったようでした。




メールの内容は真摯で切実で、
こんなにもご自身でも頑張って来られた方。

できるお手伝いはしますので、
一緒に進めて行きましょう。

ということで、保健所に同行して申請。
TNRを開始した。





捕獲器の使い方を教えていた時、ちょうど現れたサビちゃん。



病院の予約は取れていたので その場で捕獲(写真撮り忘れた)
中川3ちょびひげ妹480




兄弟はオスっぽいから後でね
中川3ちょびひげ兄妹480





地域の方にお話をさせて頂き
「みまもり地域」にできる準備もできました。


ご近所でもう1人、サポーターになってくださる方の
お仕事の都合で今月早々に申請が済み次第、
みまもり地域として登録できます。



これで頭数制限なく補助を受けられるので、
どんどん猫が出てくるところも止められます。


大元のシャム母
IMG_2576.jpg


ご近所の方に聞いたら問題の家の飼い猫だという。



この猫を手術しなければ連鎖は断ち切れない。
直接この家の主に話を聞かなければ、飼い猫なら勝手に手術できない。



初めにピンポンした時は返事がなかった。
周辺にチラシを配り終えた頃、再度伺うと出て来て話ができた。



一人暮らしの年配の方。
聞けば野良で、住み着いているためご近所の方は
放し飼いの飼い猫だと思っていたらしい。

野良猫が庭に子供を置いて行ったりして増えて、
何とかしなきゃ と思ってはいたんだけど
足と腰に痛みがあって一人じゃ何とも…



これ以上増えたらお母さんももっと困るでしょう?
お手伝いするんで手術していこう?

手術が終わったらここに返すから ごはんあげてね。

ごはんは置きっぱなしにしないで、
そこにトイレも作ると よその家でフンするの減るから。





今週は2匹の予約を入れたそうで
このシャム母と、もう1匹のサビ母を捕獲の予定とのこと。

頑張ってくださっています (^-^)



今、少し頑張って一通り手術が済めば あとは楽になるから。

要領さえ分かれば 難しくないでしょ?


<記事 ちび太郎>


にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村





★なごやかキャットサポーターをご存知ですか?
 野良猫を減らしたいと思っている名古屋市民の皆様が
 市から助成を受けて取り組める制度があります。
 名古屋市が行っている「なごやかキャットサポーター」を活用しませんか。
 まずは当ブログ内の「なごやかキャットサポーター」の記事を
 ご覧ください。

category: なごやかキャット

tb: 0   cm: 0

なごやかキャットサポーターになろう  

なごやかキャットサポーターになりませんか?



餌を与えるだけでなく、野良猫にも不妊手術をして
これ以上増えないようにする。

他所の敷地で糞尿をするのを減らすため、外猫用にトイレを作る。

管理しながら見守る。


すぐに猫が減るのではないですが、それ以上産まれて増えることがなくなり
一代限りで短い命を終え徐々に減っていきます。


なごやか


のら猫(特定の飼主のいない猫)について

具体的にはなごやかキャット推進ガイドラインをご覧ください。



助成金額は名古屋市獣医師会HPの方がわかりやすいと思います。


助成を受けられる動物病院は指定されたところのみになりますが、
どの区の病院でも可能です。

指定獣医師一覧

※病院によって補助額を超えるところもありますので、連れて行く予定の病院に
 前もって補助券の範囲内で収まるか確認した方がいいと思います。


こんな感じでおススメしてきましたが、なかなかサポーターさんが増えないので
周りの方や話をできる方に説明することに力を入れてきました。


そこでよく聞くのが、近所や町内へ報告をしてと言われ
そこまではできないと断念した というもの。




まず、保健所で一通りの説明を聞きますが難しく聞こえるのかもしれませんね。
お役所ですから。




ちゃんとガイドラインに沿ってやっていただくわけですが、

置き餌をしないでその都度きちんと片付ける

これは大前提ですから、片付けができる方なら
サポーターになるには条件は1つだけ。

自宅敷地内または許可を得た場所に外猫用のトイレを置けるか?

これだけです。



トイレは園芸用プランターに柔らかい土を入れたものでOK。
ホームセンターで安いと198円で園芸用の土が売られています。

屋根があるところに置ければ尚いいですが、屋根がなくても
雨に濡れて土が固まったら、スコップでサクサクとほぐして
また柔らかくするだけ。


おトイレ中  こんな風に猫が使います
IMG_9300 - コピー480

猫はきれい好きですから汚れたままだとトイレを使わなくなってしまうので
毎日チェックして便は片付けてください。



まずは一人で始める分には町内への報告は必須ではありません。
もちろん可能ならして頂いた方がいいです。

ご近所で二人以上同じように活動される方がいて、町内会長さんや保健委員さんに
この町内の野良猫を減らすための活動であることを理解して認めてもらう
「みまもり地域」になるには町内への報告が必要になります。

町内の方にもお知らせすれば、増えないことに安心する方もいますので
回覧板等でお願いします。



一軒で5匹分までの制限がありますが補助券が使えます。
ご近所にもう一人仲間がいれば合計10匹分の補助券を使えます。
「みまもり地域」になれば5匹までという頭数制限が外れます。


手術対象は自宅を拠点に周辺の野良猫に限られ、耳先カットは必須です。





集合住宅にお住まいの方は管理組合の許可を得てトイレを置くか、
ご近所のサポーターさんと一緒に活動するのであれば、集合住宅の
敷地内にトイレを置けなくても、サポーターさんの家を拠点に
一緒にサポーターになることができます。




手術しようと思う猫が、飼い猫ではない確認はいくつか方法がありますが
ご近所の方に口頭でお宅の飼い猫ではないですか?と両隣くらいには聞いてください。

可能であれば写真を載せたチラシや、飼い猫は外に出さないように、
飼い猫とわかるように首輪をつけてと回覧できれば確実ですが。



諦めていた方はもう一度、申請を考えてみてはいかがでしょうか。


<記事 ちび太郎>


にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村





★なごやかキャットサポーターをご存知ですか?
 野良猫を減らしたいと思っている名古屋市民の皆様が
 市から助成を受けて取り組める制度があります。
 名古屋市が行っている「なごやかキャットサポーター」を活用しませんか。
 まずは当ブログ内の「なごやかキャットサポーター」の記事を
 ご覧ください。

category: なごやかキャット

tb: 0   cm: 0

なごやかキャット補助券 平成28年度分発行は4月1日(金)から!!  

日に日に暖かさが増す今日この頃。
猫活人にとっては
寒さをこらえて、捕獲器に入る猫を待たなくてもよくなってきました。

しかし、同時にメスの猫たちは妊娠している可能性が高いので
メスの猫を避妊手術のため病院へ運ぶのは気が重い季節の突入でもあります。

KIMG1783_201603081407005c0.jpg




名古屋市では昨年4月の平成27年度から なごやかキャットの避妊去勢手術の補助金額が
メスが30,000円(内、名古屋市獣医師会補助分10,000円)、
オスが15,000円(内、名古屋市獣医師会補助分5,000円)となり
私たち市民が
「この補助金額なら自己負担分がなくなり手術しやすい」と思えるくらいまでに増額されました。

注意
   避妊去勢手術の費用は各病院によって差があるので
   この補助金額内で手術ができるところもあれば
   補助金額内でおさまらず、自費負担分を出さないとできないところもある



平成25・26年の補助金額が
メスが15,000円(内、名古屋市獣医師会補助分5,000円)
オスが75,00円(内、名古屋市獣医師会補助分2,500円)
だったのに比べ、倍になったので
名古屋市や名古屋市獣医師会の飼い主のいない野良猫を減らそうとする姿勢、
また私たち市民の負担を減らそうとする姿勢が数字となって表れ、
大変ありがたく感じました。

ただ、その告知が名古屋市ホームページ等では出ていたのかもしれませんが
「よっぽど気にしている人」でないと伝わらないものであるため
(行政からのお知らせってそういうものといえばそういうものかもしれないけど…)
私みたいな「気にしている人」程度の人に伝わったのは5月くらいでした。
っていうか、私は毎年、補助券が交付されない条件だからと、
半分交付を諦めていたのもあって「よっぽど」が抜けた「気にしている人」になっていたのでした(-_-)
この点については反省です。。。


ただし、この補助は
なごやかキャット推進事業の担当である
名古屋市健康福祉局健康部食品衛生課獣医務係が作成するページに
今日現在、次のように明記されています。

平成27年4月1日(水曜日)から交付を開始し、なくなり次第終了させていただきます。
現在、なごやかキャット手術補助券の交付を停止しています。


つまり、なごやかキャット補助券分の予算に到達すれば
それ以降はその年度は補助券はあてにできない。
その時期がいつになるかはまったくわからない。
ってことです。

昨年、11月中旬に一旦この補助券交付が停止され、
それ以後、個人のサポーターには停止された状態がつづき
(※「なごやかキャット」を適切に管理することを宣言した市民ボランティアを「なごやかキャットサポーター」と呼ぶ)
今にいたるわけですが
そう、11月中旬以降は自費で手術するしかない市民がほとんどなのでした。


エサを与えているのであれば
手術するのは当然と言われれば当然かもしれません。

ですが、避妊去勢手術をしてもらおうと捕獲・搬送する私たち市民は
寄付をもらっているとか
手術するための基金を常にたよっているわけではありません。
お金持ちでもありません。
中には年金で生活しているご老人などもおられます。

かわいそうな猫を救いたいと思う気持ちが募る一方で
経済事情は圧迫されるばかりです。



昨年、11月に出会ったIさんは
なごやかキャットなどの存在は知らず、
近くの病院へ一般的な避妊去勢手術費用を自費で負担しながら
飼い主のいない猫を減らそうと努力されている方でした。


KIMG1779.jpg


その方の活動エリアは、名古屋市都市部の公園や神社など。
住まいもその近く。

都市部ゆえに
飲食店や人通りも多く、
飼い主のない猫たちはエサにありつける条件はいい方かもしれません。

ですが、それが名古屋市の裏の一面でありながら、
そんな衛生的にも景観的にもよくない環境を悲嘆する人は少ないのでしょうか。
みなと猫の会として
そのIさんの状況や活動場所をその担当地区の担当職員に話すと
その場所から苦情などが入ったことはなく知らなかったと。

行政側はあくまでも
市民から苦情があれば、それに対処したり、改善策を提示していくところだけなのか。
管轄地域が大きければ大きいほど
人口が多ければ多いほど
どの場所に飼い主のいない猫が多いなんて耳に入らないのかもしれないけど
飼い主のいない猫問題、なごやかキャット推進事業は今に始まったことじゃない、
受動的な対策だけで終わってほしくない。
苦情が入る前の対策も考えてほしいというのが市民の本音だ。


さて、相談後のIさんや活動エリアの状況はどうなったかというと。

①遺棄・虐待防止看板設置依頼→市が管轄する2つの公園にそれぞれ設置
②昨年5月、子猫のときに遺棄され、そのまま地域猫として
  お世話していた人なつこいメス猫(1匹)の里親探し→2月に里親様が見つかる
③なごやかキャットサポーターとなれるよう保健所に申請→条件などをクリア、現地も見た上で許可される
④Iさんの他、エサやりをしている住宅の住民に同じく「なごやかキャット」のことを知らせ
 サポーターの申請をしてもらえないかお願いする→今日現在、まだサポーター申請はされていないとのこと(-_-)
⑤新年度の補助券発行まで避妊去勢手術を待つことはできないので
 Iさんをサポートするスタッフの協力のもとメス猫2匹の避妊手術(TNR)をする。

KIMG1575.jpg

保健所生活環境課職員が公園を管理する土木事務所と協議して看板を設置

KIMG1643.jpg

里親さまのところで元気に暮らす元公園猫

KIMG1813.jpg

避妊手術が終わった後の公園猫ナナちゃん
耳カットの写真を撮り忘れてしまいました


里親様が見つかった猫は1匹、
補助券発行までの間に手術できた猫が2匹と
数は少ないかもしれないけど
この活動はあくまでも、その人一人一人の歩幅でやるしかない。
Iさんも、まわりでサポートするメンバーも一日24時間、時間は限られている。

今後もこの活動エリアの飼い主のいない猫を減らすため
継続してやらなければいけないことがあるが
できる人が
できることを
できるときにやっていくしかない。


なごやかキャット、平成28年度分補助券発行は4月1日(金)から!!
サポーターの申請をしていない方は今からでも!!
1匹でも多く、不幸な猫を生み出さないために。


まずはご自分の活動エリアの保健所生活環境課へ足を運んで相談してみてください。
(保健所分室では補助券の発行は行っていません。)


〈記事 へちま〉

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村





★なごやかキャットサポーターをご存知ですか?
 野良猫を減らしたいと思っている名古屋市民の皆様が
 市から助成を受けて取り組める制度があります。
 名古屋市が行っている「なごやかキャットサポーター」を活用しませんか。
 まずは当ブログ内の「なごやかキャットサポーター」の記事をご覧ください。

category: なごやかキャット

tb: 0   cm: 0

だからこそ  

今年度分の予算が これからという時期になくなり、
補助券は使えないため自費での不妊手術。

でも、28年度分が開始される4月まで待っていたらまた産まれてしまう。
5匹産まれたら母猫とで6匹の捕獲と手術をしなければならない。


この猫が出入りしている所の管理者の方と
近所に住むサポーターさんとでお金を出し合って、
すぐにでも手術したいとのこと。



とある場所の近隣地区。
サポーターさんのお手伝いに行ってきました。


手術の予約日の前日、捕獲はしてくれたので翌日の病院搬送と
お迎え、リリースまで数日様子を見るため預かりました。




パステルなサビちゃん
パステルさび子
暗くて見えにくいですが 左耳先に小さく耳カット



管理者の方もリリースに立ち会っていただきお話を伺うと、
毎年産んでは全く子育てせず、産んだ子猫が死んで
臭いがして見つけるとかで可哀想だし困っていたそう。



手術してもらった病院によると、まだ小さかったが
お腹に2匹いて子宮蓄膿症になりかかっていたとのこと。

このまま放っておいたら母猫も危なかったかも、と。


不妊手術のとき子宮蓄膿症が発覚するのは
しばしば聞きます。



手術が済み、管理者の方も安心しておられました。
他にも2匹いるそうで、なごやかキャットサポーターにも
申請してくださるそうです。



この方の申請が通ったら、この町内のサポーターさんは2人。
「みまもり地域」になれるよう自治会長さんのところに
保健所職員と話をしに行く予定です。


なごやかキャット推進事業は名古屋市の野良猫を減らす活動です。

困っているなら尚更、始めてみませんか?


<記事 ちび太郎>


にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村





★なごやかキャットサポーターをご存知ですか?
 野良猫を減らしたいと思っている名古屋市民の皆様が
 市から助成を受けて取り組める制度があります。
 名古屋市が行っている「なごやかキャットサポーター」を活用しませんか。
 まずは当ブログ内の「なごやかキャットサポーター」の記事を
 ご覧ください。

category: なごやかキャット

tb: 0   cm: 0

プロフィール

Instagram

カレンダー

カテゴリ

カテゴリ2

メールフォーム

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

▲ Pagetop