みなと猫の会 ~こぴっと猫だより~ ホーム »他団体の紹介
カテゴリー「他団体の紹介」の記事一覧

猫が家を占拠!?~急増する多頭飼育崩壊~  

地域猫活動について
とても参考になることや、
知りたい情報が満載の
ねりまねこさんのブログ。


いつも拝見していて


明後日、15日(火)
NHK クローズアップ現代+



で70頭多頭飼育崩壊の件が放送されるのを知りました。





多頭飼育崩壊というと

「猫の問題だから、と

ボランティアが

丸抱えするケースが多いですが、」



と仰るようにボランティアでも、気になっても
これ以上は…と
ためらうのではないでしょうか。





70頭多頭飼育崩壊!? にあるように


「最近は、

多頭飼育崩壊があれば、

猫の引取り手

(飼い主、または一時預かり)や

寄付などを募るため

広く拡散されますが

この案件は

人もお金も募らず、

どうぶつ基金・獣医さん

ボランティアさんらで

解決したようです。」





気になりますね~
ぜひ見なきゃ (`・ω・´)


<記事 ちび太郎>


にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村





★なごやかキャットサポーターをご存知ですか?
 野良猫を減らしたいと思っている名古屋市民の皆様が
 市から助成を受けて取り組める制度があります。
 名古屋市が行っている「なごやかキャットサポーター」を活用しませんか。
 まずは当ブログ内の「なごやかキャットサポーター」の記事を
 ご覧ください。

category: 他団体の紹介

tb: 0   cm: 0

アニマル・ウェルフェアサミット2016に参加して(一部セミナーを聴講)  

滝川クリステルさんが代表理事をするクリステル・ヴィ・アンサンブル財団主催の「アニマル・ウェルフェアサミット2016」が
8月26日(金)・27日(土)に行われ、私は27日午後からのプログラムに参加してきました。
会場は、な・なんと東京大学(;゜0゜)



***開催前の準備期間、開催中の詳細***
アニマル・ウエルフェアサミット2016 フェイスブック


私が参加したのは14時40分~15時55分の「フォスターアカデミーセミナー」。
二日間で数多くのプログラムが組まれていたようですが
都合が合わず(うっかり忘れていたともいう)これと最後の総括だけ参加…


予習不足で会場に入った私はまず、セミナーのタイトルから?でした。

4a332f05ade4ac7bb3c46c472cb5eac8.jpg



フォスターってなんだ?

猫活をやってきて5年、フォスターって私の周りでは使わない用語でしたが
どうやら私たちが使う用語で言うところの「一時預かりさん」のようなものだぞ…
セミナーの途中からわかりました

セミナーでは「フォスター」の意味をうんぬんかんぬんとは言われなかったので
後でネットで調べました。
そしたら「フォスター」って出てくる出てくる…
いつのまに「預かりさん」を「フォスター」って呼ぶようになったのか?
日本ではまだ数少ないこの預かりさんだが、
アメリカでは動物福祉の活動がさかんでフォスターをする家庭が多いのだとか。
つまり一時預かりさんをフォスターと呼ぶようになったのはきっとアメリカの影響ですね、
すみません、これは私の推測です。
でもまぁ、きっとそうなのでしょう。



ただ、お話をされた大阪市獣医師会の細井戸大成先生が準備された資料には
「小さな命を未来につなぐ ~子猫リレー事業」とありました。

その後は先生のお話に集中。


KIMG3311_640.jpg


全国で殺処分される犬猫の割合は犬より猫が多く、
猫の中でも8割くらいは子猫であるという事実をふまえて
この事業があるのだなと想像はできました。

肝心なリレーはどう行われるのか?
ざっくり表すと

大阪市動物管理センター



大阪市獣医師会



大阪市獣医師会協力会員動物病院(~3ヶ月齢)



キトンシッター・ボランティアさん(~6ヶ月齢)



飼い主希望者へ正式に譲渡



ざっくりですが、このようなリレーが昨年2015年10月から試行されているそうです。
現在80匹のうち10匹が正式な飼い主のもとで暮らしているとのこと。

こういう点はどうするんだろう?
こんなときどう対応するんだろう?
などなど、疑問がいくつかあったのですが
他の参加者も聞きたいことなどがあって質疑応答の時間がなくなってしまい
私はセミナー予定時間が終わってから先生に直接、一点のみ質問させていただきました。

それは、こうした事業を広めることによって
事業を悪用し、管理センターへの持ち込み、子猫の遺棄が増えるのではないか?
という点については危惧されないのか?といういこと。

大阪市、大阪市獣医師会さんのこれまでの努力や成果に水を差してはいけないと思うので
先生からいただいた回答はここでは書けませんが、
もちろん危惧した上でやっているのだと。


他、先生のセミナー中のお話の中で、なるほど!と思ったことがありました。

3ヶ月齢~6ヶ月齢の猫を預かってもらう(キトンシッター・ボランティアさんになってもらう)のは
60歳以上の方にしているということ。

私たち団体的な考えからいうと
60歳以上の方に譲渡する場合、
1人暮らしでは万が一のことを考え、近所に子供の家族がいるなどの安心材料がない限り
正式に譲渡はできません。

この事業で60歳以上の方に預かりさんをやってもらうのはそこに理由がありました。
正式な譲渡だとだいたい断られてしまうこの年齢層の方をターゲットにし、
猫と生活する喜び、飼育を通して豊かになる生活を味わってもらおうということです。

6ヶ月齢を過ぎると正式な飼い主さんの元へいく別れがあることを知った上で
預かりさんをやっていただくということですが
たとえ短い期間をともに暮らすことになったとしても、
その方の生活にそれぞれの猫がプラスになる何かをもたらすでしょう。
もちろん、動物病院のサポートもあります。

別れがさみしく「この子の正式な飼い主になりたい」と言われる方もおられるそうですが
そういった場合は、ルールにのっとって正式に譲渡するのだそう。


残念だったことは

キトンシッター・ボランティア家庭に引き渡す前の
エイズウイルス検査、白血病ウイルス検査の結果、
陽性だった猫については譲渡対象にはしていないとか。

検査の結果が陽性であっても
その子は他の猫と変わらず猫です。
生き物は生きている間、いろんな病気、けがをします。
大きい、小さいの差はありますが
体調や心の様子を気にかけてあげなければいけない子たちです。

ウイルス検査の結果が陽性であってもそれをひっくるめて受け止めてくださる人を探す、
陽性であってもその子の猫生でおこりうるであろう体の変化を知識として知らせ、
へんに怖がらせないというのも大事なのではないか、と思うのです。
今のところ陽性の子が出ていないという話ですが、それにもビックリ。
陽性結果が出た場合、飼い主をどう探すかは今後の課題の一つとのこと。


子猫リレー事業が大阪市から全国へ広がるようにとの熱い思いを先生からお聞きした時間でした。



その後、16時45分からのサミット総括に参加。
ここで初めて代表の滝川クリステルさんを拝見したのですが…美しかった。
内面の美しさがあっての美しさなのでしょうね。
率直な気持ちです


KIMG3321_640.jpg


前日に東京都小池百合子都知事との対談もあり
多くのマスコミに取り上げられ、
アニマルウェルフェアという概念が浸透し、
殺処分ゼロにむけての動きがさらに加速することを願っているというようなことを
おっしゃっていたと思います(すみません)。

なんでもクリステル・ヴィ・アンサンブル財団側は
2020年の東京オリンピックまでに殺処分ゼロを!目標にしていたけれど
小池都知事はそれを前倒しに!とおっしゃっていたそうです。

力強いお言葉!!


ぜひ、全国の自治体へも波及していってもらいたいものです。


ただ、公的な数字だけのゼロではなく、
マスコミにはとりあげられていない
全国各地でおこる遺棄、
悪質ブリーダー・引き取り屋による劣悪な環境による飼育、その果てに命を落とす子たちの数もゼロにしなくてはいけない。

むしろ、そちらの方を先にゼロにしないといけない。

遺棄は
隣近所あちこちで、仮面をかぶったあの人が(仮面をかぶっていないあの人も)している身近な犯罪である。

アニマルウェルフェアは動物愛護意識が高い人だけのものではなく
地球に生きるすべての人が意識しなければその世界へはたどり着けない。


〈記事 へちま〉 

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村





★なごやかキャットサポーターをご存知ですか?
 野良猫を減らしたいと思っている名古屋市民の皆様が
 市から助成を受けて取り組める制度があります。
 名古屋市が行っている「なごやかキャットサポーター」を活用しませんか。
 まずは当ブログ内の「なごやかキャットサポーター」の記事をご覧ください。




category: 他団体の紹介

tb: 0   cm: 0

絵本『ペットショップにいくまえに』の歌  

カッパちゃん写真展@気まま屋に行った際に出会った松岡駿さん。

どいかやさん作の絵本『ペットショップにいくまえに』をもとに作った彼の曲が、
彼の声が、胸に響きます。

ぜひ聴いてみてください。











松岡駿さんのオフィシャルサイトはコチラ

〈記事 へちま〉

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村





★なごやかキャットサポーターをご存知ですか?
野良猫を減らしたいと思っている名古屋市民の皆様が
市から助成を受けて取り組める制度があります。
名古屋市が行っている「なごやかキャットサポーター」を活用しませんか。
まずは当ブログ内の「なごやかキャットサポーター」の記事をご覧ください。



category: 他団体の紹介

tb: 0   cm: 0

ご意見募集中!! すずさんより  

以前、遺棄された長毛黒猫の件でご紹介した 猫さん。



ムックと名付けられ、もりねこのすずさん宅で
里親さんと出会えるのを待っています。


ムック君
もりねこムック



そんな すずさんから発表!


これから千種区に作られる”動物と一緒に入れる老人ホーム”のための
ご意見を募集しています。


そんな施設に入りたいと思いますか?

施設に望むことは何でしょう?

その他どんなことでも構いません。
ご意見をお寄せくださいませ。

morineko55@gmail.com

ムック君へのお問い合わせ、情報もこちらまで!



ついに名古屋にも?!

応援していますね~


<記事 ちび太郎>


にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村





★なごやかキャットサポーターをご存知ですか?
 野良猫を減らしたいと思っている名古屋市民の皆様が
 市から助成を受けて取り組める制度があります。
 名古屋市が行っている「なごやかキャットサポーター」を活用しませんか。
 まずは当ブログ内の「なごやかキャットサポーター」の記事を
 ご覧ください。

category: 他団体の紹介

tb: 0   cm: 2

市民講座 「所有者のいない猫問題」  

地域猫活動は野良猫を減らしていくための取り組みです。


こんなに野良猫が増えたのは、元々経典がネズミに齧られるのを防ぐため
だったり、穀物を守るため、ネズミが媒介する感染症ペストを防ぐために
政府も猫を飼うことを奨励したりと、ネズミ捕りに利用しても行政も市民も
避妊去勢することなく放置してきたため。

野良猫は人間が作り出しました。
様々な人間の都合で恩恵だけ受けて、後は餌やりだけのせいにする。



昔は獣医さんも少なかったり、今ほど問題にもならなかったことが
時代は移り変わり 地域での問題も、逆にできることも増えています。


ずっと昔から人と共に暮らしてきた猫は、所有者がいてもいなくても
法律で愛護動物と定められていて、いじめたり 駆除と称して
殺すことは虐待になります。

遺棄(捨てること)・虐待は刑罰が科せられる犯罪です。




地域猫活動は猫が好きとか嫌いとかではなく
野良猫を殺すことなく減らし、苦情を減らし、
住民トラブルを減らすための住民による活動です。

あなたもできることを探してみませんか?


そんな地域猫活動について、

野良猫に困っている方も
聞いたことあるけど実際にどうすれば…?と、思っている方も

今回 知立市で行政主催の猫問題の市民講座が開催されます。


行政も殺処分ではなく、問題を一緒に考えていきます。
是非、足を運んでみてください。



おおぶ地域ねこの会さんの記事の転載です。


★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★


今月、27日(土)に 愛知県知立市で
「所有者のいない猫問題」と題して、
市主催の市民講座が開催されます!


おぶねこ代表も、実際の地域猫活動の状況について
お話しさせていただきます。


知立市でも、猫問題で苦慮されているようです。

どうして、このような問題が起こって来るのか、
どう取り組んでいけばいいのか。
地域猫って、どんなことをするのか。
だれがするのか、等々、

一緒に考えてみませんか?


知立市民の皆さんはもちろん、どこの地域の方でも参加OKです!

たくさんの方のご参加をお待ちしています!!



詳細は、下記のとおりです。


***************************

1.開催日時 : 平成28年2月27日(土)
          午後2時~3時頃

2.開催場所 : 知立市中央公民館大会議室


3.参加者定員: 50名(知立市民に限りません。100名入れるそうです。)


4.講座名及び内容:市民講座「所有者のいない猫問題」

    ・愛知県動物保護管理センター(30分)
       地域にいる所有者のいない猫と住人との共生を
       図る地域猫活動についての説明。

    ・「おおぶ地域ねこの会」代表(30分)
       実際に活動している地域猫活動の状況等

    ※パワーポイントを使って、分かりやすくお話しします。

    ・質疑応答



※参加ご希望の方は、知立市環境課までご連絡ください。

http://www.city.chiryu.aichi.jp/soshiki/1450690105894.html

知立市環境課環境保全係
担当 磯部、武岡
(0566) 95ー0154


*************************



おぶねこ記事360
  決まった場所で、決まった時間に餌をもらう地域猫たち。
           置き餌はしません。



★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★




愛知県の知多半島を中心に周辺市とも協力しながら地域猫活動を進めていて、
地域や企業、学校などいろんなところでお話や助言をされている

愛知県動物保護管理センター協力団体認定
おおぶ地域ねこの会さんもお話されます。




行きたかったんですけど
この日、譲渡会が重なっているんです (T_T)


2月27日(土)

地域猫のことを詳しく知りたい方は知立市中央公民館大会議室へ!

猫とのご縁を探している方は名古屋市港区 競馬場会館へ!!



ご来場お待ちしております m(_ _)m


<記事 ちび太郎>


にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村





★なごやかキャットサポーターをご存知ですか?
 野良猫を減らしたいと思っている名古屋市民の皆様が
 市から助成を受けて取り組める制度があります。
 名古屋市が行っている「なごやかキャットサポーター」を活用しませんか。
 まずは当ブログ内の「なごやかキャットサポーター」の記事を
 ご覧ください。

category: 他団体の紹介

tb: 0   cm: 2

プロフィール

みなと猫の会facebook

カレンダー

カテゴリ

メールフォーム

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

カテゴリ

▲ Pagetop